こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

てんてんてん


商品名

てんてんてん

出版社

福音館書店

著者

わかやま しずこ

出版年

1998

対象年齢

1歳〜

価格

800円

「てんてんてん」ページをめくると「てんとうむし」。「ぐるぐるぐる」、「かたつむり」、「ひらひらひら」、「きいろいちょうちょ」と、次は何が登場するのか幼児はわくわくすることでしょう。
幼児が好きなリズミカルなことばと、はっきりした絵が印象的です。子どもたちを楽しい虫の世界へと誘います。

<作者紹介>
和歌山静子(わかやましずこ)
1940年に京都府に生まれる。武蔵野美術大学デザイン科卒業。児童出版美術家連盟所属。寺村輝夫氏の「王さまばんざい」の挿絵以来、絵本や挿絵の仕事を多く手がける。
1980年「あいうえおうさま」(理論社)で絵本にっぽん賞、1982年「おおきなちいさいぞう」(文研出版)で講談社出版文化賞を受賞。その他に、「ぼくは王さま」など「王さま」シリーズ(理論社)の挿絵、「ちびねこミッシェル」、「ももたろう」(以上童心社)など。


レビュー 一覧

yutanpo さん

11月号分として送ってきた「てんてんてん」子どもが大変気に入って、1日に何回も読まされます。
色も美しいし、言葉のリズムが楽しいみたいですよ。
12月号も楽しみに待っていますね。

kokomama さん

娘のためにいちばん最初に買った絵本です。
大きな絵が興味を引くみたいで生後間もない頃から
じーっとみていました。
最後まで読み終わっても次は自分でページをめくって
楽しんでいます。

mami さん

生後3ヶ月の娘にちょっと早いかな〜?と思いながらも、この絵本を見せて読んでみたところ、じーっと目で追って見ているので驚きました。色鮮やかなページに、てんとうむしや
かたつむり、ちょうちょう、かまきり、かわいい虫たちがリズミカルな音と同時に表れます。きっと、もう少しすれば娘のお気に入りの絵本になってくれるのではないかと思って
います。

ページの先頭へ戻る