こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

とうさんおはなしして


商品名

とうさんおはなしして

出版社

文化出版局

著者

アーノルド・ローベル

翻訳者

三木 卓

出版年

1987

対象年齢

読んであげるなら4歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

950円

とうさんねずみが、ベッドに入った7匹のねずみの子どもたちに言います。「お話が終わったら、すぐおねんねするって約束するなら1人に1つづつ全部で7つもお話してあげよう」。さあ、7つの夢のある楽しいお話しが始まります。願い事をしようとしてお金を投げ込むたびに「いたいよ!」というおかしな声が聞こえてくる「ねがいごとのいど」、「くもとこども」、「のっぽくんとちびくん」、「ねずみとかぜ」など。
どれもねずみを主人公にした短いお話しですが、ナンセンスだったり、ウィットに富んでいたりと、色とりどりで楽しめます。姉妹編に「おはなしばんざい」があり、幅広い年齢の子どもに喜ばれています。

<作者紹介>
Arnold Lobel(アーノルド・ローベル)
1933年カリフォルニアのロサンゼルスに生まれる。高校卒業後、ブルックリンの「プラット・インスティテュート」に入学。本のイラストレーションのおもしろさを知る。1955年同窓生のアニタと結婚。お互いに影響を与えながら、それぞれの絵本を作り続けていたが、1985年には、ローベルが文、アニタが絵を担当した「The Rose in My Garden」が出版された。1973年「ふたりはいっしょ」でニューベリー賞、1981年「どうぶつものがたり」でコルデコット賞受賞。

※その他の「アーノルド・ローベル」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「アーノルド」と入力し検索するとご覧になれます。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る