こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

どうすればいいのかな?


商品名

どうすればいいのかな?

出版社

福音館書店

著者

渡辺 茂男

画家

大友 康夫

出版年

1980

対象年齢

1歳〜

価格

900円

中央児童福祉審議会特別推薦

こぐまのくまくんを主人公に、幼児の日常生活の一端を楽しく描いています。
「ぱんつをきたらどうなる?」、くまくんは頭からかぶってしまいます。「どうすればいいのかな?」、「ぼうしをはいたらどうなる?」、くまくんは、ぼうしを足にはいてしまいます。「どうすればいいのかな?」と問いかけてきます。さあ、できました。
くまくんは、おさんぽに出発しますよ。

<作者紹介>
渡辺茂男(わたなべしげお)
1928年静岡県に生まれる。慶応義塾大学文学部図書館学科卒業後、渡米し、ウェスタン・リザーブ大学大学院終了後、ニューヨーク公共図書館に勤務。帰国後「かもさんおとおり」、「エルマーのぼうけん」(福音館書店)など、アメリカの児童文学作品や絵本の翻訳を行う。他に、絵本「しょうぼうじどうしゃじぷた」、「とらっくとらっくとらっく」、「おとうさんあそぼう」(福音館書店)など多数。国際児童図書評議会(IBBY)の副会長を務め、JBBY(日本支部)の設立に尽力するなど活動は幅広い。
<画家紹介>
大友康夫(おおともやすお)
1946年埼玉県に生まれる。さまざまな職業を経て、絵本を書き始める。著書に「くまくんの絵本」シリーズ、「くまたくんの絵本」シリーズ、「あらいぐまとねずみたち」(福音館書店)などがある。

※その他の「渡辺茂男」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「わたなべしげお」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

RUMBA さん

くまくんがお出かけをするために服を着るのですが、失敗ばかりでくまくんの困った顔が
かわいいんです。くまくんは、失敗を何回もしてしまいますが、失敗は考える力を見出し新たな発見があると教えてくれます。なんでも初めての幼い子どもに、少しずつ自分ですることの楽しさを教えるのにもってこいの絵本ですね。その他のくまくんシリーズの絵本も気に入ってます。

ページの先頭へ戻る