こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

どうぶつのおやこ


商品名

どうぶつのおやこ

出版社

福音館書店

著者

薮内 正幸

出版年

1966

対象年齢

0歳〜

価格

800円

中央児童福祉審議会特別推薦

文章はなく、表紙のねこの親子から、うさぎ、いぬ、さる、くま、かば、きりん、ライオン、ぞう・・・今にも触りたくなるような動物たちがたくさん登場します。どの絵にも暖かさと落ち着きがにじみ出ています。縦長にとったきりんのページでは、きりんの背の高さに子どもたちは驚くことでしょう。それぞれの動物の本質と親子の愛情が感じられる血の通った絵本を思わせます。
子どもたちの大好きな動物の親子の様子がリアルに描かれています。

<作者紹介>
藪内正幸(やぶうちまさゆき)
1940年大阪に生まれる。大阪府立夕陽丘高校卒業後上京し、出版社に勤務する。後にフリーで新聞、雑誌、図鑑、百科事典などに動物の絵を描いて活躍した。1973年度朝日広告賞第2部グランプリ受賞。主な著者には「どうぶつのおやこ」、「どうぶつのこどもたち」、「どうぶつのおかあさん」、「なにのこどもかな」、「どうやってねるのかな」、「しっぽのはたらき」(以上福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

Shihomama さん

絵がまるで写真のように素晴らしいです。猫、うさぎ、犬、さる、キリン、ライオン・・・
たちの息遣いまで聞こえてきそうです。言葉はありませんが、親子の愛情が伝わってきますよ。動物園に行く前に色々な動物たちを事前に見せておきたくて購入しましたが、動物園に行ったかのような迫力でした!

ページの先頭へ戻る