こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

とおいところへいきたいな


商品名

とおいところへいきたいな

出版社

冨山房

著者

モーリス・センダック

翻訳者

神宮 輝夫

出版年

1978

対象年齢

読んであげるなら4歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,100円

疑問でいっぱいの幼いマーチンは、おかあさんに話しかけます。けれど、あかあさんは忙しくてマーチンの話しを聞いてくれません。
そこで、遠いところへ行って、どんな質問にも答えてくれる人を探しに出かけますが・・・
読むたびに新しい意味と喜びがわき出る傑作。

<作者紹介>
Maurice Sendak(モーリス・センダック)
1928年アメリカのニューヨークで生まれる。
小さ頃から、父に古い空想に富んだ物語を話してもらったことが、彼に大きな影響を与える。4、5才頃から文と絵を書くことをめざしたと自ら言っている。自作の絵本に「かいじゅうたちのいるところ」、「まよなかのだいどころ」(以上冨山房)など、多数の作品を手がけている。現代のアメリカの人気絵本作家。

*その他のモーリス・センダックの作品は、HOMEの「著者名で検索」に「センダック」と入力し検索するとご覧になれます。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る