こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

なぞなぞえほんセット


商品名

なぞなぞえほんセット

出版社

福音館書店

著者

中川 李枝子

画家

山脇 百合子

出版年

1988

対象年齢

4歳〜

価格

2,100円

中央児童福祉審議会推薦

「なぞなぞえほん1のまき」
「なぞなぞえほん2のまき」
「なぞなぞえほん3のまき」

全3冊セット

「おつかいにいくときいっぱいだったのに、かえりはからっぽ」(さいふ)、「おつかいにいくときからっぽで、かえりはいっぱい」(かいものかご)、「るすにするのがしんぱいで、でかけるときはうちもいっしょ」(かたつむり)・・・
幼い子から楽しめる創作なぞなぞが1冊に27問ずつ入っています。右ページに問題、左ページに答えのヒントになる絵があり、ぐりとぐらなどのおなじみの絵本の主人公も登場します。
子ども同士がお互いに問題を出し合って遊ぶこともできる楽しい絵本。

<作者紹介>
中川李枝子(なかがわりえこ)
札幌に生まれる。保育園に勤務のかたわら、創作をはじめる。1962年に、「いやいやえん」で上記賞を受賞。また1980年、「子犬のロクがやってきた」で毎日出版文化賞受賞。他に、童話「ももいろのきりん」、「らいおんみどりの日ようび」、絵本「ぐりとぐら」のシリーズなど多数。
<画家紹介>
大村百合子(おおむらゆりこ)
東京に生まれる。上智大学卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。結婚により、山脇百合子となる。

※その他の「中川李枝子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかがわりえこ」と入力し検索するとご覧になれます。


ページの先頭へ戻る