こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

にんじん


商品名

にんじん

出版社

福音館書店

著者

せな けいこ

出版年

1969

対象年齢

1歳〜

価格

700円

「にんじんすきなこだあれ」うさぎ、かば、うま、きりん、さる・・・次々とにんじんが好きな動物が現われます。「ちいさいにんじんはねずみさんの」、「おおきいにんじんはぞうさんの」、「ああおいしい」。
せなけいこさんの優しい色使いのちぎり絵が大変美しい絵本です。

<作者紹介>
瀬名恵子(せなけいこ)
1932年東京に生まれる。武井武雄氏に師事。児童出版美術家連盟会員。
1970年「いやだいやだの絵本」(福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞受賞。「めがねうさぎ」、「おばけのてんぷら」(ポプラ社)、「ひとつめのくに」、「くずかごおばけ」(童心社)など絵本多数。

※その他の「せなけいこ」の作品は、HOMEの「著者名で検索に」「せなけいこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

nyanko さん

0歳でにんじんを口からべーっとしていた時に、「これだ!」と思って、毎日読み聞かせをしました(笑)。
最後のページの、「にんじんすきなうさぎさんみたいなこだぁれ」に続けて、「○○くん!」といって思いっきり笑顔で子を抱きしめるのがポイントです。
このおかげで息子のにんじん嫌いが治り、絵本の最後のページでは自ら手を挙げてにんじん好きをアピールしてくれるようになりました(笑)。

RUMBA さん

3歳になる下の娘はにんじん嫌い。長女はにんじんが大好きなのに・・・
どうしたら食べるかな?と思っているところに定期購読で届いたのがこの絵本。
ちょうどいいなぁ・・・と思って読み聞かせました。
「ぞうさんもにんじん食べるのぉ?」と興味ありげ?!初詣に神社に行ったときに、
娘はお願いしたそうです。「なんでも食べれるようになりますように・・・」
それからなんです。娘はにんじんを食べてくれるようになったのです!
この絵本のおかげかな???

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る