こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ねこがいっぱい


商品名

ねこがいっぱい

出版社

福音館書店

著者

グレース・スカール

翻訳者

やぶき みちこ

出版年

1986

対象年齢

0歳〜

価格

800円

全国学校図書館協議会選定

赤ちゃんにとって、動物の中でも「ねこ」は身近な存在。大きいねこ、小さいねこ、しましまねこ、ぽちぽちねこ、たくさんのねこが出てきます。色々な形のねこが見開きページに1匹ずつ登場し、最後に全部のねこが集まって、みんな一緒に
「にゃーお」。
洗練された色遣いのデザイン的な絵は、モダンな中に温かさがあり、幼い子を惹きつけます。
耳に快い単純な文章も魅力。

<作者紹介>
Grace Skaar(グレース・スカール)
1903年にメキシコに近いテキサスのエル・パソに生まれる。ロサンジェルス芸術学院に学び、カードのイラスト、グラフィックアートの仕事やアートディレクターとして活躍した。37才のとき、作家のスヴェン・スカールと結婚、それからシェラネバダ山のふもとネバダの古い鉱山の町に暮らした。この絵本は当初の版元であるスコット社の、特にあかちゃんや幼児を対象にしたパイオニア的絵本制作(「おやすみなさいのほん」福音館書店など)に参加するなかで生まれた彼女のはじめての作品。新しいゆりかご文学・アートとして高く評価されている。


レビュー 一覧

Emirin さん

祖母の家で猫を飼ってるので、娘にとって猫は身近な存在です。
絵本を見ては、祖母の家で買っている猫の名前を呼んで叫んでいます。
絵本には、いろいろな種類の猫が登場するので祖母の家の猫と比較して
大きいとか色が違うとかコメントをして楽しんでいます、

ページの先頭へ戻る