こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ねずみのすもう


商品名

ねずみのすもう

出版社

ポプラ社

著者

大川 悦生

画家

梅田 俊作

出版年

1977

対象年齢

3歳〜

価格

1,000円

全国学校図書館協議会選定

貧乏なじいさまが山へ木を切りに行くと、「でんかしょでんかしょ」という音が聞こえるので、そっと見に行ってみると、2匹のねずみが相撲をとっていました。よく見ると片方のねずみはじいさまの家のねずみで、もう片方は隣の長者さまの家のねずみでした。
「でんかしょ でんかしょ」のかけ声に引き込まれ、子どもたちもねずみの相撲に釘付けになることでしょう。

<作者紹介>
大川悦生(おおかわえっせい)
1930年長野県に生まれる。早稲田大学文学部卒業。民話を語る会、東京の昔を聞く会主催。著書に「現代に生きる民話」(NHKブックス)、絵本に「さるじぞうほいほい」、「三ねんねたろう」、「へっこきあねさがよめにきて」、「えすがたあねさま」(以上ポプラ社)などがある。
<画家紹介>
梅田俊作(うめだしゅんさく)
1942年京都府に生まれる。作品に「おやつがほーいどっさりほい」(新日本出版)、「とんでけとんでけおおいたい!」、「がまんだがまんだうんちっち」(共に岩崎書店)などがある。


ページの先頭へ戻る