こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

はたらくじどうしゃ1


商品名

はたらくじどうしゃ1

出版社

福音館書店

著者

山本 忠敬

出版年

1972

対象年齢

1歳〜

価格

600円

「けずる くだく おす ならすと、4つのしごとができる つよいエンジンをもった どぼくこうじを する くるま」と、ブルドーザーの役割の具体的な説明の他に、ブルドーザー装置の形式(ストレートドーザー、Uドーザー、アングルドーザー)などの機能の解説も付いている、はたらく自動車に詳しくなるマニアックな絵本。ブルドーザー、パワーショベル、ロードローラー、アスファルトフィニッシャ、ドロップハンマ・・・本格的な絵を見ているだけで自動車好きの男の子は興味深く思うことでしょう。たくさんの働く自動車の役割や構造を図鑑的に描いた絵本。

<作者紹介>
山本忠敬(やまもとただよし)
1916年東京に生まれる。東京美術学校図案科卒業。横浜シネマで漫画映画の製作にたずさわった後、乗り物絵本第一人者として活躍。絵本の仕事に「とらっくとらっくとらっく」、「のろまなローラー」、「ずかん・じどうしゃ」、「はたらくじどうしゃ1〜4」、「しゅっぱつしんこう!」、「ぶーぶーじどうしゃ」(以上福音館書店)など多数。


レビュー 一覧

MISS さん

これは、まさに男の子向きの絵本ですね。私なんかブルドーザーとかパワーショベルぐらいしか知らないし、見ても女の子にはなかなか興味がわかないですよね。だけど、車好きの子にはもってこいの絵本かも?!かなりマニアックな絵本だと思いましたが、ロングセラーで人気のある絵本だということも納得がいきます。

ページの先頭へ戻る