こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

パパ、お月さまとって!


商品名

パパ、お月さまとって!

出版社

偕成社

著者

エリック・カール

翻訳者

もり ひさし

出版年

1986

対象年齢

4歳〜

価格

1,600円

ボローニャ国際児童図書展・エルバ賞推薦

モニカに「パパ、お月さまとって!」とせがまれ、パパは、長ーい長いはしごを高ーい高い山へ運び、お月さまを取ってきます。モニカは大喜び!
幼い子どもの月と遊びたい夢をなんとか実現してやりたいという父の愛情物語。
絵本「はらぺこあおむし」の作者、エリック・カールさんの明るくさわやかな貼り絵の世界に心奪われます。絵本の画面が折り込みになっているページがあり、左右上下に開いて、広い空を絵本の世界にしてしまいます。

<作者紹介>
エリック・カール
1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、西ドイツで育つ。
シュツットガルト造形美術大学卒業。
1968年に絵本「1、2、3どうぶつえんへ」(ボローニャグラフィック大賞)を発表、以来、絵本作家として活躍。世界的な人気絵本「はらぺこあおむし」、「たんじょうびのふしぎなてがみ」、「パパ、お月さまとって!」などの傑作を生む。
<翻訳者紹介>
森 比左志(もりひさし)
神奈川県に生まれる。絵本作家、絵本研究家。
創作絵本に「ちいさなきいろいかさ」、「みずいろのながぐつ」、「くまさぶろう」など。絵本の翻訳にエリック・カール「はらぺこあおむし」、ガブリエル・バンサン「くまのアーネストおじさん」シリーズなど多数。日本児童文学者協会名誉会員。

※その他の「エリック・カール」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「エリック」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

classic さん

エリック・カールさんの絵本ファンの方ならきっと好きになること間違いなしの
ダイナミックなしかけ絵本です。大胆な色遣いと独特な絵もいいですね〜

「はらぺこあおむし」の絵本よりは少し上の年齢向きなのか、内容を理解できる
5歳ぐらいからがいいのでしょうか?息子は、絵本の内容よりも広がるページが
どうやって折ってあるのかに興味をしめしていました。
まだ、読み始めたばかりなので、これから内容にも興味をしめしてくれることを
願い読み続けています。

今度は、登場人物であるパパに読み聞かせもらおうかな?と思っています。

ページの先頭へ戻る