こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ぴょーん


商品名

ぴょーん

出版社

ポプラ社

著者

まつおか たつひで

出版年

2000

対象年齢

2歳〜

価格

780円

ぴょーんとジャンプしながら、いろいろな動物が出てきます。
カエルが、うさごが、かたつむりが、にわとりとひよこが・・・
ジャンプの前の姿勢と「ぴょーん」と飛び上った時の姿勢がリズミカルで、その大胆な飛びっぷりに思わずふきだしてしまうほどです。見開きページを縦に使ったユニークな絵本です。

<作者紹介>
松岡達英(まつおかたつひで)
1944年新潟県に生まれる。東京デザイナー学院卒業。デザイン・プロダクション勤務を経て、現在、自然科学のフリーランスのイラストレーターとして活躍中。「すばらしい世界の自然」<全5冊>(大日本図書)で厚生省児童福祉文化賞、「アマゾンのネプチューンカブト」(サンマーク出版)で絵本にっぽん大賞を受賞した。その他の作品に「森のずかん」、「ぼくのロボット大旅行」(福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

ohirune_maimai さん

4歳でもいまだに結構楽しめてます。
「ぴょ〜ん」を大声を出し自分も飛び跳ねて、
かたつむりが、のところでも一緒になって(かたつむりのつもりになって)ます。
小さい本なので持ち運びやすく、遠出の車でちょっとした気分転換に読んであげたりしやすいかも。(飛んだりはできないけど!!!)

haru-tan さん

これを読むと、最後は必ず自分(娘自身)が飛んで終わります・・・飛ぶというより、膝を曲げてスタンバイした状態から、私の最高地点までの「高い高い〜」をするんです・・・私にとっては体力のいる本ですが、自分の番を、今か今かと楽しみにしながら、みんなのジャンプを嬉しそうに見ている娘の顔が、大好きです。

kokomama さん

いぬが・・・と少し間をおいてから「ぴょーん」
というと娘はキャー。次の「ぴょーん」を期待して、
ニヤニヤしながら待っています。
とてもユニークな絵本で、私のお気に入りの一冊です。

west さん

かえるがぴょーん、こねこがぴょーん、ばったがぴょーん・・・
とページを縦に開くと一面に思いっきり動物たちの跳ねてる様子が
とても笑えます。絵本を読みながら絵本をぴょーんと跳ね上げてみ
たり、子ども抱っこしながらぴょーんと言いながら高い高いをすると、
異常に喜びますよ。

ページの先頭へ戻る