こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ぼくのくれよん


商品名

ぼくのくれよん

出版社

講談社

著者

長 新太

出版年

1993

対象年齢

3歳〜

価格

1,400円

厚生省児童福祉文化奨励賞受賞
厚生省中央児童福祉審議会推薦
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書
第19回「よい絵本」選定図書

ごろごろごろごろ・・・
大きなくれよんは、ゾウのくれよんです。びゅーびゅーと、ゾウが青いくれよんで絵を書くと池ができ、カエルは池だと思って飛び込みます。ところが、池ではなかったので、カエルはびっくりしてしまいました。今度は、赤いくれよんでびゅーびゅー。動物たちは火事だと思って、逃げ出してしまいました。
お騒がせなゾウに、ライオンが叱ります。でも、ゾウはまだまだ書き足りないみたいで、くれよんを持ってかけ出しました・・・
長新太さんの不思議な世界が羽ばたく傑作。

<作者紹介>
長 新太(ちょうしんた)
1927年東京に生まれる。
1959年絵本「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店)で文芸春秋漫画賞受賞。1974年、絵本「おしゃべりなたまごやき」(福音館書店改訂版)で、国際アンデルセン賞国内賞受賞。1977年、絵本「はるですよふくろうおばさん」(講談社)で講談社出版文化賞受賞。作品に「なんじゃもんじゃ博士」、「ごろごろにゃーん」(以上福音館書店)、「ぼくのくれよん」(講談社)、「もじゃもじゃしたものなーに?」(文研出版)などがある。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る