こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

まいごになったぞう


商品名

まいごになったぞう

出版社

偕成社

著者

寺村 輝夫

画家

村上 勉

出版年

1975

対象年齢

3歳〜

価格

1,000円

全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

ぞうのあかちゃんが迷子になりました。キリンやカバやワニやライオンが心配してくれますが、あかちゃんぞうは「あばば うぶー」しか言えません。さて、おかあさんのもとに帰れるかな?
少しの恐れもないあかちゃんの純粋な心と、幼いものへの信にこたえる大人の愛が描かれています。

<作者紹介>
寺村輝夫(たらむらてるお)
1928年に東京に生まれる。早稲田大学在学中”早大童話会”に所属、創作童話を志す。1961年「ぼくは王さま」(理論社)で毎日出版文化賞受賞。以後、講談社出版文化賞、絵本にっぽん賞、巌谷小波文芸賞を受賞。作品は、長新太氏とのコンビの「ぞうのたまごのたまごやき」、「おしゃべりなたまごやき」(以上福音館書店)、「あいうえおうさま」(理論社)、「まいごになったぞう」(偕成社)などがある。
<画家紹介>
村上 勉(むらかみつとむ)
1943年に兵庫県に生まれる。絵本、童話のイラストレーションに旺盛な制作力を発揮、緻密で繊細な線描とみずみずしい色彩の作風は内外で高い評価を受け、ライプツィヒ国際図書展「世界で最も美しい絵本」賞、小学館絵画賞などを受賞。主な作品に「まいごになったぞう」、「おおきなきがほしい」(共に偕成社)、「てがみをください」(文研出版)などがある。


レビュー 一覧

yuki さん

純真無垢なぞうの赤ちゃんがなんともかわいらしく描かれています。
娘にはぞうの赤ちゃんは自分よりも弱いものと感じたようで、
迷子になった赤ちゃんを心配したり、ほかの動物たちに優しくされるとほっとしたり、ハラハラ・ドキドキしながら聞いています。
赤ちゃんの「あばば うぶー」という鳴き声が何ともいえず愛らしい本です。

ページの先頭へ戻る