こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

まるまる


商品名

まるまる

出版社

福音館書店

著者

中辻 悦子

出版年

1998

対象年齢

2歳〜

価格

900円

全国学校図書館協議会選定

まず表紙。黄色い表紙に ○○ 穴2つ。「まるまる さんかく」、三角に○が2つ、「まるまる しかく」、四角に○が2つ、「まるまる こまる」、ページいっぱいの水玉の中に、○が2つあいてます・・・「まるまる はてな?」、「まるまるふにゃり」と変化する絵は、黄色いお化け、がっしり顔、ふにゃふにゃ泣き虫に見えたりします。柔らかい線のシンプルな図形と、明るく鮮やかな色を組み合わせただけの絵は、そこから生まれるイメージは、見る子どもによって様々な想像がふくらみます。
この穴に指を入れたり、のぞいてみたりしたくなる幼児もいることでしょう。ページをめくるごとに色々に変化する丸い穴によって色々楽しめる絵本です。

<作家紹介>
中辻悦子(なかつじえつこ)
1937年に大阪府に生まれる。オブジェ、タブロー、版画など多彩な分野で活躍する造形作家。1998年現代版画コンクール展で大賞。絵本の作品に「これめ」、「いろいろしかく」、「まるまる」など。1998年刊の「よるのようちえん」(福音館書店)でブラティスラヴァ国際絵本原画展のグランプリを受賞。2000年ボローニャ・ブックフェアに出展。夫は画家の元永定正氏。中辻氏は元永氏の絵本のグラフィック・デザインも手がけている「もこもこもこ」(文研出版)、「もけらもけら」(福音館書店)などがある。


レビュー 一覧

oni-oni さん

幼児は○が大好きですよね。それに、なおかつ穴が開いてるのですから、

興味をもつことったら・・・

「まるまるえっへん」とか「まるまるははは」などがお気に入りで、

ページをめくるとなぜか娘の顔もその顔に(笑)

きっと、赤ちゃんのうちから、楽しめる絵本なのではないでしょうか?


ページの先頭へ戻る