こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

みんなでね 改訂版


商品名

みんなでね 改訂版

出版社

偕成社

著者

まつい のりこ

出版年

1983

対象年齢

1歳〜

価格

600円

「みんなでね、おきたの」、「みんなでね、まんまたべたの」、「みんなでね、さんぽしたの」・・・
幼い男の子がねこやぞう、ありやかたつむりと、みんなで何かを一緒にする喜びを描きます。みんなで朝起きてから寝るまでの日常生活を共にする楽しさを感じる絵本。

☆愛子さまご愛読の絵本です。

<作者紹介>
松井紀子(まついのりこ)
1934年和歌山県に生まれる。絵本・紙芝居作家。武蔵野美術大学卒業。「ころころぽーん」(1976年ボローニャ世界児童図書展エルバ賞)、「かずのほん」、「とけいのほん」(共に福音館書店)、「あかちゃんのほん」、「ちっちゃなちっちゃなおばけ」(共に偕成社)など、知識の世界をはじめとする独自の絵本を数多く出版。1991年から続けたベトナムの紙芝居創作・普及の支援活動に対しベトナム政府より「ベトナム文化功労賞」を受賞。

※その他の「まついのりこ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「まついのりこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

Suga さん

「じゃあじゃあびりびり」の姉妹本と聞いて購入しました。男の子とありやねこやぞう・・・など、みんなで過す一日が楽しく描かれています。赤ちゃんが楽しめるやさしい文章と絵で、日常生活に共感をよぶ絵本ですね。手のひらサイズが持ち運びにも便利で、最近はどこに行くにも持ち歩いています。

ページの先頭へ戻る