こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

もぐらとじどうしゃ


商品名

もぐらとじどうしゃ

出版社

福音館書店

著者

エドアルド・ペチシカ

画家

ズデネック・ミレル

翻訳者

内田 莉莎子

出版年

1969

対象年齢

4歳〜

価格

1,300円

全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

道路わきの土の中から顔を出したもぐらくん。もぐらくんは、たくさんの自動車を見て、自動車が欲しくてたまらなくなります。なんとか、部品を集めてきて、自動車を組立てはじめましたが失敗。子どもが壊したおもちゃの自動車を修理工場で直してもらい、ピカピカのネジ巻き自動車を手に入れます。もぐらくんは幸せな気分で眠りにつきます。
もぐらくんの自動車をめぐってのいろいろな体験が楽しく描かれています。

<作者紹介>
エドアルド・ペチシカ
1924年チェコスロバキアのプラハに生まれる。プラハのチャールス大学文学部で博士号を取る。その後、雑誌の編集をするかたわら、数多くの物語や記事を書き作品集「太陽」、「瞬間」を発表。以来、青年向けの作品を書き続けた。同時に、学令前の子どもたちを対象にした作品もたくさんあり、国立児童出版所の重要な作家となっている。絵本に「りんごのき」、「もぐらじどうしゃ」(以上福音館書店)などがある。
<画家紹介>
ズデネック・ミレル
1921年チェコスロバキアのクラドノに生まれる。プラハの工芸大学で学ぶ。はじめは、挿絵の仕事をし、その後アニメーション映画の仕事に入る。現在は、絵本作家として著名であるばかりでなく、アニメーション映画製作者としても、すばらしい成功をおさめている。
<翻訳者紹介>
内田莉莎子(うちだりさこ)
1928年東京に生まれる。早稲田大学露文科卒業。1964年、ポーランドに留学。外国児童文学の翻訳紹介を主にしている。主な訳書に、絵本「てぶくろ」、「おおきなかぶ」、「もぐらとじどうしゃ」など多数ある。

*その他の「エドアルド・ペチシカ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「ペチシカ」と入力し検索するとご覧になれます。


ページの先頭へ戻る