こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

もじゃもじゃ


商品名

もじゃもじゃ

出版社

福音館書店

著者

せな けいこ

出版年

1969

対象年齢

2歳〜

価格

700円

「もじゃもじゃはなあに」。もじゃもじゃということばの響きが幼児は好きなようです。この絵本の中で、もじゃもじゃなのは、庭の木と、犬のころと、ほどけた毛糸、最後に女の子(ルルちゃん)のもじゃもじゃの頭が描かれています。さあ、もじゃもじゃはどうなるのかな?木は刈り込まれ、犬の毛も刈りそろえられ、毛糸はまかれ、ルルちゃんの髪型もきれいにカットされます。一つ一つがちゃんときれいになっていくのが楽しく、カットされたルルちゃんのさっぱりとした髪型が、なんとも気持ちよく感じます。身近なものを上手に扱って、幼い子どもを惹きつける絵本。

<作者紹介>
瀬名恵子(せなけいこ)
1932年東京に生まれる。武井武雄氏に師事。児童出版美術家連盟会員。
1970年「いやだいやだの絵本」(福音館書店)でサンケイ児童出版文化賞受賞。「めがねうさぎ」、「おばけのてんぷら」(ポプラ社)、「ひとつめのくに」、「くずかごおばけ」(童心社)など絵本多数。

※その他の「せなけいこ」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「せなけいこ」と入力し検索するとご覧になれます。


レビュー 一覧

marin さん

「もじゃもじゃはなあに?」という言葉から始まります。庭の木やうちのころ、ほどけた
毛糸、ルルさちゃんのあたまがもじゃもじゃしてるのが、「ちょきちょき」カットされます。単純なストーリーですが、貼り絵がもじゃもじゃをよく表しているし、「もじゃもじゃ」とか「ちょきちょき」という言葉の響きが子供は好きなようです。うちの子は、最近
お気に入りのようです。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る