こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

りんごがたべたいねずみくん


商品名

りんごがたべたいねずみくん

出版社

ポプラ社

著者

なかえ よしを

画家

上野 紀子

出版年

1975

対象年齢

3歳〜

価格

1,000円

全国学校図書館協議会選定図書

木になった赤いりんごを食べたいねずみくん。でも、ねずみくんには木が高すぎてとれません。そこへ、鳥が飛んできて1つとり、次にさるがきて木に登り1つとり、次にはぞうが長い鼻で1つとり・・・
ついに残りは2つです。最後にあしかがやってきて、ボールのようにねずみくんをりんごのところへほうり上げてくれました。繰り返しのストーリーと、それぞれの動物の真似をするねずみくんがなんともユーモラスで楽しい絵本。

<作者紹介
中江嘉男(なかえよしを)
1940年兵庫県神戸市に生まれる。日本大学芸術学部美術家卒業。1973年、国際青年美術家展外務大臣賞受賞。主な作品に「ねずみくんのチョッキ」(ポプラ社、講談社出版文化賞)、「ねこのジョン」、「おくちはどーこ」、「おつむてんてん」(金の星社)、「ぎったんばっこん」、「くるりんこん」(文化出版局)など多数。
<画家紹介>
上野紀子(うえののりこ)
1940年埼玉県に生まれる。日本大学芸術学部美術家卒業。1973年「ぞうのボタン」を米国ハーバー&ロー社より出版。夫、なかえよしをとコンビを組んだ個性豊かな絵本が多数ある。「ねずみくんのチョッキ」など。

※その他の「なかえよしを」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかえよしを」と入力し検索するとご覧になれます。


ページの先頭へ戻る