こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ロッタちゃんとじてんしゃ


商品名

ロッタちゃんとじてんしゃ

出版社

偕成社

著者

アストリッド・リンドグレーン

画家

イロン・ヴィークランド

翻訳者

山室 静

出版年

1976

対象年齢

5歳〜

価格

1,600円

国際アンデルセン賞作家賞
日本図書館協会選定
全国学校図書館協議会選定

ロッタちゃんは、3人きょいうだいの末っ子。兄さんや姉さんとなんでも同じようにしたいと思っていました。二人が自転車を上手に乗っているのを見て、自分も欲しいと思っていたロッタちゃんですが、おとうさんに「おまえには、まだ早い」と言われ、5歳の誕生日にももらえなかったので、隣りの仲良しのおばあさんの物置から大人用の自転車を無断で持ち出してしまいます。
幼児の心の内と行動を、手に取るように描いて深い共感を呼ぶ傑作です。春のスウェーデンの庭や家並みも、明るく美しい色彩で描かれています。

<作者紹介>
アストリッド・リンドグレーン
1907年にスウェーデンに生まれる。小学校教師を経て、児童文学の創作に専念。国際アンデルセン賞作家賞など、数々の文学賞を受け、世界でもっとも子どもの心をとらえていると評価される童話作家。
<画家紹介>
イロン・ヴィークランド
1930年にエストニアに生まれる。スウェーデンの美術学校で絵の勉強をつみ、リンドグレーン作「ミオよわたしのミオ」を契機に、児童書の挿絵や絵本を描きはじめる。リンドグレーンとのコンビの作品が多い。


ページの先頭へ戻る