こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

わすれられないおくりもの


商品名

わすれられないおくりもの

出版社

評論社

著者

スーザン・バーレイ

翻訳者

小川 仁央

出版年

1986

対象年齢

5歳〜

価格

1,200円

かしこくて、いつもみんなに頼りにされていたアナグマが、年をとって死んでしまいました。森のみんなはアナグマをとても慕っていたので、悲しまないものはいませんでした。
アナグマがモグラやキツネ、ウサギなどにどんなことを教え、共に過ごしてきたかを思い出し、みんなでアナグマの思い出語り合います。
友人同士のあり方や、互いに心や技を伝え合っていくことの大切さ、そして、人間の生き方をも静かに語りかけてくれる絵本。

<作者紹介>
Susan Varley(スーザン・バーレイ)
美術学校に通っていた頃から絵本作家を目指し、卒業制作としてつくっていた「BADGER’S PARTING GIFT」でデビュー。その後、「The Monster Bed」などの作品を発表。電力会社のテレビコマーシャルでは長年にわたり「アナグマシリーズ」の絵を担当している。


ページの先頭へ戻る