絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

4人のりバス


商品名 4人のりバス
メーカー KELLER/ケラー
生産国 ドイツ
対象年齢 1歳半〜
価格 5,940円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

ヨーロッパの安全性基準(CE)取得

美しいデザインと4つのカラフルな人形。
持ちやすく、手にやさしい丸みをおびたデザインです。
人形を出したり入れたり、子どもは大好きです。

同じドイツの老舗ケラー者の代表作で、PKW(ペーカーベー)を初めて見たときは、本当に感動しました。デザインが良く、材質は堅牢なドイツのブナ材で、まるで子どもの手に吸いつくような握り心地で、ひっくり返しても底の裏側まで丁寧に仕上げてあり、「ここまで子どものことを考えたおもちゃが日本にあるだろうか?」と感じたものです。この4人のりバスも、日本では1984年より紹介されています。

<発達するもの>
・追視
・空間知識の発達
・発声や言葉

※車のサイズが大きくなり、新価格になりました。

車のサイズ:20cm
人形のサイズ:高さ6.5p 直径2cm

<ケラー社の紹介>
ケラー社は1864年にドイツのゴッピンゲンという街で、クリスティアン・フォーゲルにより設立された長い歴史を誇る玩具メーカーです。2代目コンラッド・ケラーのときに、その名をとって社名としケラー社となりました。
ケラー社が目標とした玩具の品質の良さは、自然素材である「木」にふさわしい加工・処理がなされていること、そして子どもに適切で素材にあったデザインであることです。堅牢であることも重要です。子どもが信頼し、安心して遊べるおもちゃであるために、万が一どこかが壊れてしまっても、ケラー社の玩具は必ず修理が可能です。壊れた箇所を大人が子どもたちと一緒に直してあげれば、教育的にも子どもたちにとっても素晴らしい体験になり、使い捨て傾向の強い社会では大切なことだと考えます。また、遊びの価値が高いことがです。例えば、バスに人を乗せることで乗り物玩具に色・数・想像力・社会性などの要素が加わります。

*その他のケラー(KELLER)の商品をご覧になりたい方は、HOMEのページから「おもちゃ名で検索」のところに「ケラー」とご入力下さい。当社取り扱いのケラー社の商品を全てご覧頂けます。








関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
うさこちゃんひこうきにのる
著者:ディック・ブルーナ
756
詳細はこちら
ぼくとわたしのせいかつえほん
著者:つちだ よしはる
1,620
詳細はこちら
わんわんわんわん
著者:高畠 純
1,080
詳細はこちら
さーかす
著者:ディック・ブルーナ
756
詳細はこちら
うさこちゃんとゆうえんち
著者:ディック・ブルーナ
756
詳細はこちら
いたいいたいはとんでいけ
著者:松谷 みよ子
864
詳細はこちら
ぼくの村
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
3,996
詳細はこちら
N車付きポストボックス赤
NIC/ニック(ドイツ)
10,584
詳細はこちら
あひるの家族
NIC/ニック(ドイツ)
8,208
詳細はこちら
シールぐま大 (ベージュ)
K.KRUSE/ケテ・クルーゼ(ドイツ)
25,920
詳細はこちら
シールぐま大 (茶色)
K.KRUSE/ケテ・クルーゼ(ドイツ)
25,920
詳細はこちら
シグナ
NAEF/ネフ(スイス)
10,584


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

kumakuma さん
車好きの息子が大好きなおもちゃです。

お客さんの色が1人1人違うところが
いいですね。

『運転手はパパだよ』とか『ママは赤』
とか・・・いろいろなパターンで遊べます。

satoko さん
息子が1歳3ヶ月で車や電車など乗り物に興味を示し始めた時にこちらの玩具と出会い、一目ぼれで購入しました。適度な重みと丸みのあるフォルムが息子の小さな手にしっくりとし、押して遊ぶのにちょうど良いです。1人で人形を出し入れして夢中に遊ぶだけでなく、「乗せてくださ〜い」とごっこ遊びに発展させたり、このバス1つでいろんな遊びが楽しめます。

west さん
息子のお気に入りのおもちゃです。男の子はやはり車のおもちゃが
好きですが、入れたり出したりできるこの四人乗りバスが気に入って
ますね。ときには一人だったり、二人乗せたり、自分でストーリーを
考えて遊んでるようです。