絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

ジャンピングカートレイン


商品名 ジャンピングカートレイン
メーカー BECK/ベック
生産国 ドイツ
対象年齢 2歳〜
価格 9,936円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

ヨーロッパの安全性基準(CE)取得

このおもちゃは、一両または二両の車がリズミカルに落ちてゆくおもちゃです。 
落ちる速さは速いのですが、狭い範囲での縦の動きは、目がとらえやすいため、小さな子どもでも、充分に追うことができます。車がカタカタとやさしい音を出しながら落ちていき、子どもの目の動きの運動を助けます。追視運動や集中力を育てます。
シンプルなつくりの車が見事なスピードで落ちていく様を見ていると、思わず見とれてしまい、何度も何度もやってみたくなる魅力にとりつかれる人気の玩具です。
ドイツの「子供の遊びと玩具審議会」が良い玩具として推奨するものだけに貼る事が許させる「オレンジマーク」(spiel gut:シュピールグート)を取得しています。

<発達するもの>
・注意力
・聴覚(音に集中する)
・目と手の協応

サイズ:36cm

<ベック社の紹介>
ベック社は、ドイツの南西部に位置するバーデン・ヴュルテンベルク州のヒュルベンにあります。数多くの玩具メーカーがある地域としても名高く、優れた木製玩具メーカーの多くが良質なブナ材がとれるこの地で仕事を拡げていきました。
ベック社の創設者クリストフ・ベック氏は、この地で生まれ育ち、もともとは機械技師のマイスターでした。戦時中、ロシアの捕虜になっていた頃に、戦災孤児のために木製のおもちゃを作り始めたのがベック氏の玩具製作の始まりです。彼のシンプルで品質の優れたおもちゃが好評を得て多くの人が求めるようになり、戦後の厳しい時代に1946年にはヒュルベンに小さな木製玩具工房を建てるまでになりました。次第にベック社の製品はドイツの幼稚園や施設の子どもたちの手に渡るようになり、生産アイテムが増え続けました。当初よりベック氏は、おもちゃは精密で堅牢で作られるべきと考えていました。やがてその多くはドイツの「子どもの遊びと玩具審議会」で選ばれ、ベック社の名が業界に認められ広く知られるようになりました。1983年、フランクフルトの国際秋季メッセの特別展でトレインカースロープが「Form」賞を受賞。

*その他のベック(BECK)の商品をご覧になりたい方は、HOMEのページから「おもちゃ名で検索」のところに「ベック」とご入力下さい。当社取り扱いのベック社の商品を全てご覧頂けます。








関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
キャベツくん
著者:長 新太
1,404
詳細はこちら
はらぺこあおむし
著者:エリック・カール
1,296
詳細はこちら
おふろだいすき
著者:松岡 享子
1,404
詳細はこちら
ぐりとぐらのおおそうじ
著者:なかがわりえこ
972
詳細はこちら
きゅうりさんあぶないよ
著者:スズキコージ
864
詳細はこちら
てがみをください
著者:山下 明生
1,404
詳細はこちら
スカリーノ・鈴の塔セット
スカリーノ社(スイス)
8,424
詳細はこちら
ジルケ人形 小 女の子
KOSEN/ケーセン(ドイツ)
21,384
詳細はこちら
人形マフィン 中
GOETZ/ゴッツェ(ドイツ)
8,640
詳細はこちら
スカリーノ・フォレスト
スカリーノ社(スイス)
13,824
詳細はこちら
織り機 スージー
NIC/ニック(ドイツ)
4,536
詳細はこちら
コートラック くまとおもちゃ
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,320


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

myumyu さん
「ペーカーベー」木の自動車が気に入ってる息子に、これを購入しました。
やはり、買って正解でした。飽きずに遊びます。遊ぶおもちゃが増える
と、こっちのおもちゃで遊んだり、あっちのおもちゃで遊んだりとなり
がちですが、なぜかペーカーべとこのカートレインは交互に遊んだりは
しますが、長い間遊びます。ペーカーベーの大きさも手に持ちやすそうです。


panji さん
おもしろ〜い!!
斜め→斜めに車が落ちていきます。
子供は、30分以上落ち着いて、見ています。それが不思議ですよね。
3歳にならないわが子が、じーっと集中しているのを見ると、本当にうれしいですね。
これは、お薦めですよ。