絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

シロフォン付玉の塔


商品名 シロフォン付玉の塔
メーカー BECK/ベック
生産国 ドイツ
対象年齢 1歳〜
価格 15,660円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

ヨーロッパの安全性基準(CE)取得

1歳半〜小学生でも夢中になるふしぎなおもちゃです。
上の穴に玉を入れると斜面をコロコロ転がって最後に「チンチロリン」と音が出るシンプルなおもちゃですが、どの子も夢中になり長時間集中する秘密があります。これで遊んでいる子どもは、とても心地よく情緒が安定し心が安らぐのです。
子どもの心のなかには「未知への期待感」と「既知への安心感」が同居しています。自分が穴の中に玉を入れると、「コロコロ転がって最後にチンチロリンときれいな音がでるだろうな」と想像し、期待して入れると、必ずその通りの結果が出ます。何度しても必ず期待通りの結果がでて、とても気持ちがいいのです。コロコロ転がった先の階段は鉄琴になっていて、その鉄琴は一枚一枚、調律してあります。まさに楽器のような美しい音色に子どもはとりこになるでしょう。
追視運動の発達も促します。

小さい穴に玉を入れる=指先の運動が必要です。
玉が転がるのを見る=追視運動を助けます。
調律された鉄琴がきれいな音を奏でます。
知覚運動の協応、目と手の協調作業を育てます。

サイズ:28.5cm

<ベック社の紹介>
ベック社は、ドイツの南西部に位置するバーデン・ヴュルテンベルク州のヒュルベンにあります。数多くの玩具メーカーがある地域としても名高く、優れた木製玩具メーカーの多くが良質なブナ材がとれるこの地で仕事を拡げていきました。
ベック社の創設者クリストフ・ベック氏は、この地で生まれ育ち、もともとは機械技師のマイスターでした。戦時中、ロシアの捕虜になっていた頃に、戦災孤児のために木製のおもちゃを作り始めたのがベック氏の玩具製作の始まりです。彼のシンプルで品質の優れたおもちゃが好評を得て多くの人が求めるようになり、戦後の厳しい時代に1946年にはヒュルベンに小さな木製玩具工房を建てるまでになりました。次第にベック社の製品はドイツの幼稚園や施設の子どもたちの手に渡るようになり、生産アイテムが増え続けました。当初よりベック氏は、おもちゃは精密で堅牢で作られるべきと考えていました。やがてその多くはドイツの「子どもの遊びと玩具審議会」で選ばれ、ベック社の名が業界に認められ広く知られるようになりました。1983年、フランクフルトの国際秋季メッセの特別展でトレインカースロープが「Form」賞を受賞。

*その他のベック(BECK)の商品をご覧になりたい方は、HOMEのページから「おもちゃ名で検索」のところに「ベック」とご入力下さい。当社取り扱いのベック社の商品を全てご覧頂けます。








関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
たんたんぼうや
著者:かんざわ としこ
864
詳細はこちら
14ひきのあさごはん
著者:いわむら かずお
1,296
詳細はこちら
ぞうのたまごのたまごやき
著者:寺村 輝夫
1,296
詳細はこちら
ちいさなねこ
著者:石井 桃子
972
詳細はこちら
よかったねネッドくん
著者:レミー・シャーリップ
1,512
詳細はこちら
ごろごろにゃーん
著者:長 新太
972
詳細はこちら
ぼくの村
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
3,996
詳細はこちら
アングーラ
NAEF/ネフ(スイス)
35,640
詳細はこちら
お医者さんセット
KLEIN/クライン(ドイツ)
4,104
詳細はこちら
ネフスピール
NAEF/ネフ(スイス)
18,144
詳細はこちら
LaQベーシック311
ヨシリツ(日本)
5,184
詳細はこちら
汽車セット・8の字セット
MICKI/ミッキー(スウェーデン)
11,664


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

bara さん
最後になる鉄筋の音が、本当に綺麗です。子どものために買ったのに。
な・ぜ・か・私たち夫婦がはまって、癒されています。この玩具には
子どもも大人もないのですね。

momo さん
玉が落ちてきてチンチロリンとなる鉄琴の音が、想像以上にきれなのにビックリしました。子どもも、初めて聞いた音に嬉しそうな顔をして何度も玉を落として遊んでいました。
大人の私でもこの音を聞きたいがために、なんとなく玉を落としてみたくなるのが不思議
です。