絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

ノックアウトボール


商品名 ノックアウトボール
メーカー MICKI/ミッキー
生産国 スウェーデン
対象年齢 1歳〜
価格 7,992円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

ヨーロッパの安全性基準(CE)取得

木製ハンマーでボールをたたきます。
たたくと、下の穴からボールが転がり出てきます。
1才の頃から、目と手の協応作用を発達させ、集中力を育てます。赤と白木のコントラストが大変美しく、子どもの美的感覚も育てます。

子どもがスプーンで机をかちゃかちゃとたたくようになったら、それを止めさせるだけでなく、たたくおもちゃを与えてあげましょう。手や腕が発達してきて動かしたいのに、コントロールのきかない状態なのです。その発達の本能を充分に満たしてあげるために、ひたすら存分にたたけるハンマートーイや、動きを楽しむノックアウトボールを与えてあげて下さい。肩が動き、肘が動き、最後に手首を動かせるように発達していきます。

サイズ:25cm(長辺)

<ミッキー社の紹介>
スウェーデン南部のスモーランド地方の中心都市からほど近いゲムラという小さな町にミッキー社はあります。1944年創立のミッキー社は、代々アロンソン一族によって会社は守り続けられ、現在は4代目ヨナス・アロンソン氏が率いています。
1944年、ゲオルグ・アロンソン氏が木でできた人形の生産を思いつき、当時、スウェーデン国内130支店あったデパートから20000個のオーダーが入ったことを皮きりに本格的な玩具製造を開始する。1952年、木製汽車シリーズの誕生。ミッキー社の玩具には、主にシラカバとマツが使用されています。

*その他のミッキー(MICKI)の商品をご覧になりたい方は、HOMEのページから「おもちゃ名で検索」のところに「ミッキー」とご入力下さい。当社取り扱いのミッキー社の商品を全てご覧頂けます。








関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
ごろんごゆきだるま
著者:たむら しげる
864
詳細はこちら
おとうさんあそぼう
著者:わたなべ しげお
972
詳細はこちら
おーい おーい
著者:さとう わきこ
864
詳細はこちら
くりんくりんごーごー
著者:佐々木 マキ
864
詳細はこちら
ねないこだれだ
著者:せな けいこ
756
詳細はこちら
ぶーぶーぶー
著者:こかぜ さち
864
詳細はこちら
リグノつみ木
NAEF/ネフ(スイス)
30,240
詳細はこちら
身長計 小人
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,536
詳細はこちら
回転オルゴールZOO
HELLER/ヘラー(ドイツ)
8,856
詳細はこちら
シグナ
NAEF/ネフ(スイス)
10,584
詳細はこちら
タオルぐま(小) 赤
K.KRUSE/ケテ・クルーゼ(ドイツ)
3,672
詳細はこちら
PKW (ペーカーベー)青
KELLER/ケラー(ドイツ)
4,212


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

yona さん
1歳半の孫へプレゼントしました。

少々、力がいるのではないかと心配していましたが、
大丈夫でした。最初は上手くたたけないようでしたが、
そのうち上手くたたけるようになると、狂ったように
何度も繰り返したたいては落とし、たたいては落としを
していました。激しい音はしますが、木の自然の音なので
なぜか気になりません。たたくだけでなく、穴に手を突っ
込んでみたり、ボールを転がしてみたりと色々と遊んで
いました。

tomorin さん
先日、「今月のおすすめおもちゃ」で取り上げられていたので
購入しました。
遊ばせていると、まさに書いてあった通りで、ビックリ!!
最初は体を使って叩いていたのが、ひじを使うようになって
最近では手首を使って叩いています。
子どもの成長が目に見えるのでとてもうれしいです。

huruhuru さん
コンコンと玉をたたくと、コローンと玉が転がって出てきます。
この単純さが、子供は大好きみたいですね。
最初は上手にたたけていなかったけど、この頃では大工さん顔負けみたいに、たたいていますよ。
子供って、手を使って遊ぶおもちゃが好きなんですね。
なーるほど・・・と感心してます。