こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

プラステン


商品名

プラステン

メーカー

NIC/ニック

生産国

ドイツ

対象年齢

2歳〜

価格

6,500円

写真1
写真2

この商品は大人が見ると「これなに?」「なにをして遊ぶの?」と思われがちですが、とても良いおもちゃで、子どもは大好きです。
五円玉のような形の輪っかが、「白・青・赤・黄・緑」各10個づつ計50個が土台の棒に挿さっています。
まだ小さなお子様は逆さまにして輪っかをばら撒くだけで大喜びします。大人が元に戻してあげると何度も何度もばら撒きます。いつもはやってはいけないこと、お母さんに「だめよ」と言われる事を遊びの中でできるので大変ストレスの発散になる様です。
2歳くらいになると、木の棒に輪っかを挿せるようになります。最初は適当に何度も挿していくでしょう。しばらくすると、どんな子どもでも「色が揃っていると気持ちが良い」という感覚が出てきます。色分けをして挿してみたり、上手に組み合わせて立体的なモザイクのように遊びます。
付属品として、紐とサイコロが2個付いていますので紐通しとしても遊べますし、ゲームをすることもできます。しかしゲームのやり方はどこにも書いてありません。サイコロだけを与えて、ゲーム自体を子どもに創造させるところがユニークですよね。
他にも、おままごとのご飯になったり、お金になったりとこの輪っかは色々なものに変身し大活躍します。
転がす、つまむ、挿す、紐通し、モザイク遊びなど年齢に合わせて長く遊べるすばらしいおもちゃだと思います。
右の写真1・2は、幼稚園に伺った時に園児が作っていたものです。大人が考えもつかない事を創造し、遊びの中でたくさんの事(能力・才能)を養っているのだなと感嘆しました。

<発達するもの>
・目と手の協応
・高低を知る
・色の弁別
・手先の器用さ
・数量の認識(概念)

<安全性>
ヨーロッパ安全基準CE取得
口に入れても安全な塗料が使用されています。

サイズ: 32cm(長辺)

<ニック社の紹介>
ニック社は、西ドイツのオーバーシュバーベン地方の中心地にある木製玩具メーカーです。もともとは商社でしたが、1991年に現在の経営者ヨゼフ・ヘルテンベルガー氏に変わった後、ドイツの木製玩具メーカーとして大きく成長しました。ニック社のもの作りの基盤となっているものは、子どもたちが繰り返し長くよく遊び、シンプルで堅牢なものであること。また素材は主にヨーロッパの森で育ったブナやカエデを使用し、すべての商品はヨーロッパの安全規格(CE)の基準をクリアしています。色付けは、無害な色素を使用し、水性ラッカーで仕上げています。堅牢な作りとデザインの美しさが高く評価され、1998年にドイツ玩具業組合の主催する「DEUTSCHER DESIGN PREIS」で第一位に選ばれました。

*その他のニック(NIC)の商品をご覧になりたい方は、HOMEのページから「おもちゃ名で検索」のところに「ニック」とご入力下さい。当社取り扱いのニック社の商品を全てご覧頂けます。


レビュー 一覧

miccho さん

非常に単純なおもちゃに見えますが、子どもはとても気に入っています。
いろいろな組み合わせを試して、いつも驚かされます。
子どもの想像力ってすごいなぁと感心しきりです。

huruhuru さん

数の遊びに良いかなと考え、買ってやりました。
娘は、色の遊びに凝っていて、とてもきれいな配色でさしこんでいます。
赤ー黄ー緑 の順にとか、あるいは斜めに赤を入れたりしています。
サイコロが付いていて、ゲームもできるようになっているので親子で遊んでいます。
2歳の従妹が遊びにきて、とっても気に入った様子でした。
軸が固定してあるので、2歳児でもけっこう上手にはめるのでびっくりです。
プラステンは長く遊べますね。

ページの先頭へ戻る