絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

クリスマスの三つのおくりもの(3冊セット)


商品名 クリスマスの三つのおくりもの(3冊セット)
出版社 福音館書店
著者 林明子
出版年 1987
対象年齢 3歳〜
価格 1,782円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

<サンタクロースとれいちゃん>
クリスマスの夜、サンタさんが来るのを待ちきれなくなって外に出て行ったれいちゃんは、森から出てきたサンタクロースに出会います。「サンタさん、サンタさん・・・」と話しかけるれいちゃんに気づかないサンタさん。袋からは落し物をしてどんどん歩いて行ってしまいます。やっと落し物に気付いて戻って来たサンタさんは、落し物と一緒にれいちゃんを袋にいれてしまいますが・・・

<ズボンのクリスマス>
今日は、おじいちゃんとおばあちゃんのうちのクリスマスパーティーに出かける日です。みんな出かける支度をしていますが、もっくんだけズボンを履かずに遊んでいます。「もっくん、早くズボンをはきなさい。ズボンがパーティーに行きたがっているわよ」と、おかあさんの声がします。でも、もっくんはしらんかお。すると、ズボンは待ちきれなくなって外に飛び出しますが・・・

<ふたつのいちご>
おかあさんが作ったクリスマスケーキにいちごが三つだけのっていました。「もう、どこのお店にもいちごがなかったの。でも、れいちゃんともっくんと、かすみちゃんの分があるからいいでしょう?」とおかあさんが言います。そこで、かすみちゃんは、おとうさんとおかあさんの分のいちごを探しに森に出かけることにします。でも、前にいちごがなっていたところには、枯れた葉っぱしかなくてがっかりするかすみちゃん。そんなかすみちゃんの目の前に、うさぎの子が木の穴からにんじんといちごを出してカゴに入れてるのを見つけます・・・

三人兄妹の個性豊かなクリスマスを、林明子さんがほのぼのと楽しく描きます。

サイズ 縦11p×横12p

<作者紹介>
林 明子(はやしあきこ)
1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術家卒業。絵本作家として活躍中。
「きょうはなんのひ?」で、第2回絵本にっぽん賞受賞。「おふろだいすき」でサンケイ児童出版文化賞美術賞受賞。「はじめてのキャンプ」で、フランスの絵本賞 LE GRAND PRIX DES TREIZEを受賞。
絵本に「はじめてのおつかい」、「あさえとちいさいいもうと」、「おでかけのまえに」、「おいていかないで」、「はっぱのおうち」、「きょうはなんのひ?」、「もりのかくれんぼう」、「くつくつあるけのほん」(全4冊)、「びゅんびゅんごまがまわったら」、ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ」、「ぼくのぱんわたしのぱん」、「かみひこうき」などがある。

※その他の「林明子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「はやしあきこ」と入力し検索するとご覧になれます。








関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
こぐまちゃんありがとう
著者:わかやま けん 
864
詳細はこちら
おすすめ絵本セット
3〜4歳Aセット
10,368
詳細はこちら
くった のんだ わらった
著者:内田 莉莎子
972
詳細はこちら
タンタンのハンカチ
著者:いわむら かずお
756
詳細はこちら
わたしとあそんで
著者:マリー・ホール・エッツ
1,188
詳細はこちら
お月さんはきつねがすき?
著者:神沢 利子
1,080
詳細はこちら
アングーラ
NAEF/ネフ(スイス)
35,640
詳細はこちら
ベビーウォーカーマルチ
MICKI/ミッキー(スウェーデン)
10,584
詳細はこちら
ベアーハッグ
EDUCO/エデュコ(スイス(中国))
5,184
詳細はこちら
マグネットセット大
MAGNET SPIELE/マグネットスピール(ドイツ)
10,584
詳細はこちら
フレーベルつみ木
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
19,224
詳細はこちら
プラステン
NIC/ニック(ドイツ)
7,020


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!


レビュー 一覧

Tomy さん
三人三様の三兄妹のお話し。我が家も順番こそ違いますが、長女は長女らしい優しいお話しで、真ん中はちょっとお騒がせくんのお話し、末っ子の女の子は可愛らしい小さい子ならではの発想や行動で楽しませてくれるこの絵本の大ファンになっています。