こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ねずみくんのクリスマス


商品名

ねずみくんのクリスマス

出版社

ポプラ社

著者

なかえ よしを

画家

上野 紀子

対象年齢

3歳〜

価格

1,000円

ねみちゃんに見せようとクリスマスツリーを作ったねずみくん。あひるがそれを見て「ガーガーガッハッハーちいさい ちいさい」、「どうだいおおきいだろう」と、大きなクリスマスツリーを作って得意顔。それを見たうさぎが「キュッキュッ キュッハハーちいさい ちいさい」、「どうだいおおきいだろう」と、どんどん大きなクリスマスツリーが登場します。ところが、ねみちゃんの家に招待された動物たちは、ねみちゃんが皆のために用意した大きなクリスマスケーキに唖然・・・
「どうしても、ねみちゃんに大きなクリスマスツリーを贈らなくては」と力を合わせます。
最後のページには、大きなクリスマスツリーが見開きページいっぱいに広がるしくみになっています。そのクリスマスツリーの素敵なお飾りとは・・・?

<作者紹介
中江嘉男(なかえよしを)
1940年兵庫県神戸市に生まれる。日本大学芸術学部美術家卒業。1973年、国際青年美術家展外務大臣賞受賞。主な作品に「ねずみくんのチョッキ」(ポプラ社、講談社出版文化賞)、「ねこのジョン」、「おくちはどーこ」、「おつむてんてん」(金の星社)、「ぎったんばっこん」、「くるりんこん」(文化出版局)など多数。
<画家紹介>
上野紀子(うえののりこ)
1940年埼玉県に生まれる。日本大学芸術学部美術家卒業。1973年「ぞうのボタン」を米国ハーバー&ロー社より出版。夫、なかえよしをとコンビを組んだ個性豊かな絵本が多数ある。「ねずみくんのチョッキ」など。

※その他の「なかえよしを」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「なかえよしを」と入力し検索するとご覧になれます。


関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る