こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

マドレーヌのクリスマス


商品名

マドレーヌのクリスマス

出版社

BL出版

著者

ルドウィッヒ・ベーメルマンス

画家

江國 香織

出版年

2000

対象年齢

4歳〜

価格

1,200円

パリの古いお屋敷に12人の女子のたちが暮らしていました。その中でも一番のおちびさんがマドレーヌでした。クリスマスの前日、屋敷中が風邪で寝込んでいるとき、マドレーヌだけが元気でみんなのためにせっせと働いていました。そんなとき、玄関をたたく音が聞こえ、マドレーヌはサンタクロースがやって来たと思いました。ところが、玄関に立っていたのはじゅうたん売りの商人でした。マドレーヌに持っていた12枚のじゅうたんをすべて売ってしまった商人は、寒さに凍えてしまいお屋敷に戻って来ます。そんな商人を看病したマドレーヌにご褒美を与えてくれる商人は、実は魔術師だったのです。マドレーヌと魔術師が繰り広げる、ファンタジー溢れる楽しいクリスマスのお話し。

<作者紹介>
ルドウィッヒ・ベーメルマンス
1898年ベルギー人の画家を父として、チロルのメーランで生まれる。14才頃学校を中退して、ホテルで働き、16才のときアメリカに渡る。そしてニューヨークのホテルで働きながら、絵の勉強に励み第一次世界大戦後、本格的に絵の勉強をしようとミュンヘンへ行く計画をたてるが、結局レストランの所有者になった1925年まで、ホテルの仕事を続けた。ベーメルマンスは、自分のレストランの壁や、アパートの日よけなどに絵を描いて、それが編集者の目にとまり、子どもの本を描くことをすすめられる。その他の絵本に「げんきなマドレーヌ」などがある。


ページの先頭へ戻る