絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

番ねずみのヤカちゃん


商品名 番ねずみのヤカちゃん
出版社 福音館書店
著者 リチャード・ウィルバー
画家 大社玲子
翻訳者 松岡享子
出版年 1992
対象年齢 読んであげるなら4歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜
価格 1,404円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

ページ数 72頁
サイズ 22×20cm

あるところに、おかあさんねずみと4匹の子ねずみがいました。子ねずみたちのうち、3匹はおとなしくて静かな子でしたが、4匹目は、「やかましやのヤカちゃん」と呼ばれていました。ヤカちゃんたち一家はドドさんの家に居候してたのです。ある日、おかあさんねずみは子どもたちに言いました。「おまえたちも大きくなった、もうそろそろ自分で食べ物を見つけて、自分で暮らしてもいい頃だ」。そして、その前に人間に自分たちの存在を知られてはならないことを話してくれます。ところが、ヤカちゃんの大声にみんな大よわりしてしまいます。やかましやのヤカちゃんにハラハラドキドキさせられますが、思わず笑ってしまう愉快な物語。

<作者紹介>
リチャード・ウィルバー(Richard Wilbur)
1921年にアメリカのニューヨークに生まれ、少年時代をニュージャージーの農場で過す。ハーバード大学で文学修士の学位を受けた後、詩、翻訳、評論などの分野で活躍、子どもたちの詩の本も出版している。1957年にピューリッツァー賞を受賞。「番ねずみのヤカちゃん」は、1963年に出版され、その後、ストーリーテリングによって多くの子どもたちに親しまれている。
<画家紹介>
大社玲子(おおこそれいこ)
1946年に山口県に生まれる。青山学院大学英米文学科卒業。在学中から子どもの本の挿絵を描きはじめる。絵本に「プレゼント」(日本基督教団出版局)、「ねこ」(童心社)、挿絵に「なぞなぞのすきな女の子」(学研)、「黒ねこの王子カーボネル」(岩波書店)、「かおるのたからもの」(あかね書房)などがある。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
ハックルベリー・フィンの冒険(上)
著者:マーク・トウェイン
1,944
詳細はこちら
タンタンのぼうし
著者:岩村 和朗
756
詳細はこちら
いちご
著者:平山 和子
972
詳細はこちら
トビウオのぼうやはびょうきです
著者:いぬい とみこ
1,296
詳細はこちら
あなたはだあれ
著者:松谷 みよ子
756
詳細はこちら
ラチとらいおん
著者:マレーク・ベロニカ
1,188
詳細はこちら
4〜6歳向け
おもちゃBセット
11,664
詳細はこちら
プラステン
NIC/ニック(ドイツ)
7,020
詳細はこちら
ビルディングロッズ
MICKI/ミッキー(スウェーデン)
8,424
詳細はこちら
スカリーノ・水車セット
HILPAG・BAUMANN/ヒルパッグ(スイス)
9,720
詳細はこちら
セラ
NAEF/ネフ(スイス)
23,760
詳細はこちら
グローアップパズル
カエル

ジョージラック(イギリス)
3,240


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!