こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

もりのへなそうる


商品名

もりのへなそうる

出版社

福音館書店

著者

わたなべしげお

画家

やまわきゆりこ

出版年

1971

対象年齢

読んであげるなら4歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,300円

厚生省中央児童福祉審議会推薦図書
全国学校図書館協議会選定図書
日本図書館協会選定図書

ページ数 160頁
サイズ 22×16cm

てつたくん(5歳)とみつやくん(3歳)の兄弟が森に探検に出かけます。そこで「でっかい、たがも」(大きなたまご)を見つけます。たまごから生まれたのはへなそうるの子ども。へなそうると兄弟の交流が楽しく描かれている夢いっぱいのお話しです。挿絵は、白黒とカラーの2つを効果的に使いわけ、カラーで登場する「へなそうる」はとても人なつっこい表情で表れます。読んでいる子どもは、絵本の中の登場人物になった気分でお話しに引き込まれていくことでしょう。「でっかいたがも」、「へなそうる」、「かくれんぼ」、「かにとり」の4編。

<作者紹介>
渡辺茂男(わたなべしげお)
1928年静岡県に生まれる。慶応義塾大学文学部図書館学科卒業後、渡米し、ウェスタン・リザーブ大学大学院終了後、ニューヨーク公共図書館に勤務。帰国後「かもさんおとおり」、「エルマーのぼうけん」(福音館書店)など、アメリカの児童文学作品や絵本の翻訳を行う。他に、絵本「しょうぼうじどうしゃじぷた」、「とらっくとらっくとらっく」、「おとうさんあそぼう」(福音館書店)など多数。国際児童図書評議会(IBBY)の副会長を務め、JBBY(日本支部)の設立に尽力するなど活動は幅広い。
<画家紹介>
山脇百合子(やまわきゆりこ)
1941年に東京に生まれる。上智大学フランス語科卒業。主な著書に、実姉中川李枝子とのコンビで、童話「いやいやえん」、「かえるのエルタ」などのさし絵、絵本「ぐりとぐら」のシリーズ、「そらいろのたね」、「なぞなぞえほん」(1〜3のまき)など多数。


ページの先頭へ戻る