こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

さとるのじてんしゃ


商品名

さとるのじてんしゃ

出版社

小峰書店

著者

大石 真

画家

北田 卓史

出版年

1973

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,500円

ページ数 110頁
サイズ 22×20cm

さとるは自転車が欲しくて欲しくてたまりません。友達のみのるくんも、森くんも、小川くんも、まゆみちゃんもみんな自転車を持っていました。しかし、いくら頼んでもお父さんもお母さんも自動車は危ないからと言って、さとるに自転車を買ってくれませんでした。ところがある日、さとるが家に帰ると、子ども用の水色のぴかぴかした自転車があるではありませんか。大喜びしたさとるですが、自転車に乗れるようになるのは、なかなか難しいものでしたが・・・
初めて自転車に乗れる喜び、辛いことも危ないこともありますが、失敗しながら色々学んでいきます。新しいことへの挑戦を体いっぱいでさとるが表現してくれる楽しい物語です。


<作者紹介>
大石 真(おおいしまこと)
1925年に埼玉県に生まれる。1944年、第一早稲田高等学院に入学。同時に早大童話会に入会し、坪田譲治に師事。1948年に、寺村輝夫と小峰書店にアルバイトとして勤め、後に編集長となる。1953年、「風信器」を「童宛」に発表。児童文学者協会新人賞を受賞する。代表作に「チョコレート戦争」、「教室二〇五号」、「さとるのじてんしゃ」、「たたかいの人」、「眠れない子」などがある。
<画家紹介>
北田卓史(きただたくし)
1921年に東京都に生まれる。東京工業専修学校機械課卒業。児童美術科連盟会員。絵本に「もりたろうさんのじどうしゃ」(ポプラ社)、「しゃしゃしゃべるでおなをほろう」(至光社)などがある。


ページの先頭へ戻る