こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

はらぺこおなべ


商品名

はらぺこおなべ

出版社

あかね書房

著者

神沢 利子

画家

渡辺 洋二

出版年

1970

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,000円

ページ数 93頁
サイズ 22×16cm

ごちそう作りに飽きたおなべは、自分もお腹いっぱいおいしいものを食べたいと、家を出て行きます。「おなべさん、おなべさん、どこへいくの?」と訪ねるねずみに会いました。おなべは、ねずみが持っていたソーセージを取り上げてぱくんと食べてしまい、つぎにめんどり、きつね、めうしを食べてしまい、おなべはどんどん大きくなってしまいます。しかし、いくら食べてもお腹はぺこぺこ。そして、とうとう海にやってきました・・・
文字は大きめで、のびやかで温かみあふれる絵がおなべを愛嬌いっぱいに描いています。

<作者紹介>
神沢利子(かんざわとしこ)
1924年福岡県に生まれる。文化学院文学部卒業。絵本「くまの子ウーフ」シリーズ(ポプラ社)、「あひるのバーバちゃん」、「はけたよはけたよ」(以上偕成社)、「ぽとんぽとんはなんのおと」、「おばあさんのすぷーん」(以上福音館書店)他、詩、創作に活躍中。世代を超えて愛される優れた童話作品を書き続けている。童話選集「神沢利子コレクション・全五巻」(あかね書房)で、路傍の石文学賞、巖谷小波文芸賞、児童文学における業績に対してモービル児童文学賞を受賞する。
<画家紹介>
渡辺洋二(わたなべようじ)
1943年に東京に生まれる。武蔵野美術大学油絵科卒業。「やいトカゲ」(あかね書房)、「ぽんぽん山の月」(文研出版)でそれぞれ絵本にっぽん大賞、「アルマジロのしっぽ」(あかね書房)で赤い鳥さし絵賞を受賞する。


ページの先頭へ戻る