こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

くまの子ウーフ


商品名

くまの子ウーフ

出版社

ポプラ社

著者

神沢 利子

画家

井上 洋介

出版年

1969

対象年齢

読んであげるなら 5歳〜自分で読むなら 小学校低学年〜

価格

1,000円

ページ数 134頁
サイズ 22×18cm

遊ぶことが大好き、食べることが大好き、そして考えることが大好きなくまの子ウーフを主人公にした短編9話。第1話「さかなにはなぜしたがない」では、ウーフがどうしたら魚になれるかとふなにたずねます。するとふなは、毛皮を脱いで冬でも川底にすわり、目は決してつぶらず、舌も引っこ抜かなくてはならないと答えたので、ウーフは震え上がって・・・。
幼い子が考えそうな問題や、自分自信に対して抱く素朴な疑問をテーマにしたユニークな内容の物語。絵本から物語にすすむ年頃の子どもたちに共感をもって迎えられ、読み継がれてきた作品です。

<作者紹介>
神沢利子(かんざわとしこ)
1924年福岡県に生まれる。文化学院文学部卒業。作品「くまの子ウーフ」シリーズ(ポプラ社)、「あひるのバーバちゃん」、「はけたよはけたよ」(以上偕成社)、「ぽとんぽとんはなんのおと」、「おばあさんのすぷーん」(以上福音館書店)他、詩、創作に活躍中。
<画家紹介>
井上洋介(いのうえようすけ)
1931年東京に生まれる。武蔵野美術大学西洋画科卒業。1965年、文春漫画賞受賞。作品に「くまの子ウーフ」シリーズ、「びっくりおもちゃばこ」、「ねずみのしっぱい」(小学館絵画賞)など、絵本、挿絵に活躍中。


レビュー 一覧

misato さん

子どもの頃に読んだ懐かしい絵本を見つけました。今も、教科書にも出てくると聞いて、長

く伝わっているお話なんだなぁ〜と思いました。

子どもの単純な疑問や問題をウーフなりに解決していく姿は、幼い頃の気持ちを蘇らせてく

れます。ときどき出てくるウーフの絵が、読み手の気持ちを和ませます。うちの子にとって

は初めての長文ですが、一話ずつ毎晩読み聞かせています。毎晩、次のお話を楽しみにして

います。

ページの先頭へ戻る