こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ちいさいロッタちゃん


商品名

ちいさいロッタちゃん

出版社

偕成社

著者

アストリッド・リンドグレーン

画家

イロン・ヴィークランド

翻訳者

山室 静

出版年

1985

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,200円

国際アンデルセン賞作家賞

ページ数 158頁
サイズ 22×16cm

三人兄妹の末っ子の幼いロッタちゃん。早くお兄さんやお姉さんのように一人前に遊びたくてたまりません。そんなロッタちゃんが、おじいさんとおばあさんの家に行ったときのことです。たいひの山で雨にうたれていれば、麦や野菜が伸びるように、自分もすぐに大きくなれるのではないかと思い、ずぶぬれになって立っています。思いついたことはすぐに実行するロッタちゃんの毎日を、楽しい行事をおりこんで、いきいきと描いた作品。

<作者紹介>
アストリッド・リンドグレーン
1907年にスウェーデンに生まれる。国際アンデルセン賞作家賞等、多くの文学賞を受け、世界で最も高く評価されています。
<画家紹介>
イロン・ヴィークランド
1930年にエストニアに生まれる。スウェーデンの美術学校を卒業し、挿絵や絵本を描く。「ロッタちゃんのじてんしゃ」など、リンドグレーンとのコンビ作品が多い。
<翻訳者>
山室 静(やまむろしずか)
1906年に長野県に生まれる。東北大学美学科卒業。文芸評論、北欧文学、神話の研究、紹介に尽力。代表的な著書に「北欧むかし話」などがある。


ページの先頭へ戻る