こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ニワトリ号一番のり


商品名

ニワトリ号一番のり

出版社

福音館書店

著者

ジョン・メイスフィールド

画家

寺島龍一

翻訳者

木島平治郎

出版年

1967

対象年齢

小学校高学年〜

価格

2,100円

19世紀後半、中国からロンドンまでの広大な大洋上を、先着を競ってシナ茶を運ぶ帆船の物語。潮のかおり、帆船の美しさ、海の男たちの魂を見事に描き切った作品です。

ページ数 410頁
サイズ 21×17cm

<作者紹介>
ジョン・メイスフィールド(John Masefield)
1878年、ヘリフォードシャーのレドベリーに生まれる。幼時に父を失い、14歳のときから4年ほど商船に乗り組み、世界各地をまわった。1895年、船員をやめてニューヨークに行き、農園、酒場、工場などで働く間に文学を志した。1897年、イギリスに帰り、ジャーナリストになった。1902年、処女詩集「海水のバラード」を出版。それ以後「ドーバー」、「キツネのレナード」など多くの詩を書き、1930年に桂冠詩人となった。詩の他に劇、小説、少年読物、評論、随筆など、多くの著作があるが、彼の作品は一貫してロマンティックな行動精神や庶民への愛情に満ちている。


ページの先頭へ戻る