こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

二年間の休暇


商品名

二年間の休暇

出版社

福音館書店

著者

ジュール・ベルヌ

画家

太田大八

翻訳者

朝倉 剛

出版年

1968

対象年齢

小学校中学年〜

価格

2,300円

教科書に掲載されているお話

「十五少年漂流記」として知られる、ベルヌの代表作。
原因不明の事故によって15人の少年を乗せた船は、ニュージーランドから嵐の海に漂流し、見知らぬ島に流れ着いてしまいます。海風や波にさらされて傷んでいく船から、島で発見した洞窟に移り住んだ少年たちは、島に名前を与え自分たちの代表として大統領を選出し、15人の植民地として運営していく体制を整えていきます。島内で新たに発見した動植物や、工夫を重ねた道具の作成などで島での生活はしだいに潤っていきますが・・・
孤島に打ち上げられた少年たちが、力を合わせて数々の困難を乗り越え、自分たちの生活を作り上げていく痛快な冒険物語。

ページ数 544頁
サイズ 21×17cm

<作者紹介>
ジュール・ベルヌ(Jules Verne)
フランスの著名な科学冒険小説家。1828年、フランスの港町ナントに生まれる。地理や科学上の広範な知識と豊かな空想力によって、数多くの作品を書き、科学冒険小説ともいうべき新しい分野を開拓した。主な作品に1864年「地底旅行」、1872年「海底二万海里」、1873年「八十日間世界一周」などがある。


ページの先頭へ戻る