こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ジャングル・ブック


商品名

ジャングル・ブック

出版社

福音館書店

著者

ラディヤード・キップリング

画家

石川 勇

翻訳者

木島 始

出版年

1979

対象年齢

小学校中学年〜

価格

2,300円

ページ数 492頁
サイズ 21×17cm

夜の闇がジャングルをおおう頃、黒ひょうバギーラの眼が輝きます。厳しいジャングルの掟に鍛えられ、たくましく成長していく狼少年モーグリの知恵と勇気と誇りに満ちた物語。

<作者紹介>
ラディヤード・キップリング(Rudyard Kipling)
1865年にインドのボンベイに生まれる。父は美術学校の校長をしていた。6歳のときイギリスにつれて行かれ、教育を受けた。10歳から文才をあらわして、父が博物館長をしていたラホールに移ってから、新聞編集長として詩や短編小説を発表し、1888年「高原物語」で有名になり、アメリカで結婚、2冊のインド密林の物語の他に、1902年「なぜそう物語」には自作のさし絵をつけた。その他、最大傑作に1901年の「キム」などがある


ページの先頭へ戻る