こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

秘密の花園


商品名

秘密の花園

出版社

福音館書店

著者

フランシス・H・バーネット

画家

堀内誠一

翻訳者

猪熊葉子

出版年

1979

対象年齢

小学校中学年〜

価格

2,100円

教科書に掲載されているお話

ページ数 456頁
サイズ 21×17cm

両親を亡くした少女メアリーは奇妙な屋敷に引き取られます。誰も入ることのできない秘密の庭園廊下からもれ聞こえる泣き声・・・
不思議な謎に満ちた、出会いと成長の一大ロマンです。

<作者紹介>
フランシス・ホジソン・バーネット(Frances Hodgson Burnett)
1849年、イギリスのマンチェスターに生まれる。1865年アメリカに移住し、1905年市民権を得る。教育はマンチェスターで受けた。はじめは、小説家として出発し、1885年「小公子」を書いた頃には、既にヘンリー・ジェイムズと並ぶ作家と目されていた。さらに、1887年「小公女」を書き、児童文学作家としてもその地位を確立した。特に、「小公子」については、イギリスの宰相グラッドストンが「英米二国間の理解を深める作品である」と賞賛したことはよく知られている。


ページの先頭へ戻る