こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

トルストイの民話


商品名

トルストイの民話

出版社

福音館書店

著者

L・N・トルストイ

画家

B・ディオードロフ

翻訳者

藤沼 貴

出版年

1989

対象年齢

自分で読むなら 小学校高学年〜

価格

2,300円

「戦争と平和」を書いたロシア文豪トルストイに珠玉の短編集。
「神は愛である」と喝破したトルストイならではの思想が、民話の装いを借りて、美しく力強く語られます。

ページ数 376頁
サイズ 21×17cm

<作者紹介>
レフ・ニコラエヴィッチ・トルストイ
1828年、モスクワに生まれる。伯爵家の四男として生まれ、幼いときに両親と死に別れるという不幸を味わい、感じやすく、物思いにふけりがちな性格だった。1844年にカンザス大学に入ったが、三年後には中退して、故郷に帰った。大学の授業にも、都会の生活にも満足できず、静かな農村で自分を鍛え、地主として農民たちと平和に生きようと考えたがうまくいかず、その後、カフカースに行って、軍隊に入った。それと同時に最初の小説「幼年時代」を書いて、作家としても出発し、一流作家の列に加わった。その後、「幼年時代」の続編である「少年時代」や軍隊の生活を題材にした作品を書き続けた。その他の代表作に1864年〜69年にかけて書かれた長編小説「戦争と平和」、1873年〜77年に書かれた「アンナ・カレーニナ」がある。


ページの先頭へ戻る