こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

こんちゅうの一生シリーズ
全5冊


商品名

こんちゅうの一生シリーズ
全5冊

出版社

福音館書店

著者

得田之久

出版年

2010

対象年齢

4才〜

価格

5,000円

<かぶとむし ーかぶとむしの一生ー>
子どもたちの人気者かぶとむしは、成虫になってはじめて地上に現れます。他の虫とのかかわりなどにもふれながら、その一生を迫力ある絵で描き上げました。

<かまきり ーおおかまきりの一生ー>
昆虫界のギャングといわれ、生きた虫をつかまえて食べるかまきりにも、敵はいるのでしょうか?厳しい自然の中に生きるおおかまきりを描いたユニークな絵本です。

<ちょう ーあげはの一生ー>
あげはちょうは、毎日飛ぶ場所が決まっているというのは、本当でしょうか?身近なちょうの一生を、リアルにそして、美しく描きだしています。

<とんぼ ーぎんやんまの一生ー>
子どもたちの大好きなぎんやんまは、幼虫のとき、どんな所で暮らすのでしょう。そして、成虫の暮らし方は?ぎんやんまの一生を科学的に追った詩情豊かな絵本です。

<はち ーふたもんあしながばちの一生ー>
はちは、むやみに人を刺す恐ろしい昆虫ではありません。この絵本では、人家の近くで見ることのできる黄色い模様が美しい、ふたもんあしながばちの生活をとりあげます。

<作者紹介>
得田之久(とくだゆきひさ)
1940年に横浜に生まれる。明治学院大学社会学部に在学中から、創造美育協会に入会、子どもの絵について研究した。後、子どもの本の魅力にとりつかれて大学を中退、野生動物”昆虫”をテーマに絵本を描き始める。絵本の作品にデビュー作の「かまきりのちょん」(福音館書店)をはじめ、「昆虫ーちいさななかまたちー」、「昆虫?−そのくらしをみようー」、「池や小川の生物」、「昆虫カード」、「ふしぎな花キノコ」(以上福音館書店)、「えほん・ちいさなせかい」全4冊、「得田之久・昆虫アルバム」全6冊(以上童心社)などがある。日本昆虫学会会員。


レビュー 一覧

tententen さん

虫が大好きな子どもに購入してみました。
図鑑などはちょっと私は気持ち悪いのですが(笑)、絵本なら大丈夫です。
ですが、絵本とは思えないほどリアルに描かれていますので、子どもはとても
気に入っています。

関連おすすめ絵本&おもちゃ

ページの先頭へ戻る