こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ハリーのクリスマス


商品名

ハリーのクリスマス

出版社

福音館書店

著者

メアリー・チャルマーズ

翻訳者

おびか ゆうこ

出版年

2012

対象年齢

読んであげるなら 4歳〜                             自分で読むなら 小学校低学年〜

価格

700円

ちいさなねこハリーは、クリスマスに赤ちゃんねこがほしいとおかあさんに言います。おかあさんは、しばらく考えたあと、ハリーを連れて近くのお店に来ていたサンタさんに相談しに行きます。「ほっほー、それはいちだいじじゃ!」とサンタさんは考えますが、ハリーもハリーのおかあさんも本当に赤ちゃんねこをほしがっていることを確かめると、大きなノートに「ハリーには赤ちゃんねこ」と書きこみました。クリスマスの日、サンタさんはハリーに赤ちゃんねこを届けてくれるでしょうか?

サイズ16?×11?の手のひらサイズの絵本です。

<作者紹介>
メアリー・チャルマーズ(Mary Chalmers)
1927年、アメリカのニュージャージー州に生まれる。姉の影響で、小学生の頃から芸術家になる夢を持つ。フィラデルフィアの美術学校を卒業後、ハーパー・アンド・ロウ社の名編集者ウルスラ・ノードストロームに出会い、絵本を描き始める。本書は、ノードストロームに送った手作りのクリスマスカードが元になってできた。自作の絵本に「とうさんねこのすてきなひみつ」(童話館出版)、「エリーちゃんのクリスマス」(福音館書店)、絵本の絵の仕事に「にいさんといもうと」(岩波書店)などがある。メリーランド州在住。
<翻訳者紹介>
小比賀優子(おびかゆうこ)
東京に生まれる。国際基督教大学語学科卒業。出版社勤務、ドイツ留学を経て、現在は子どもの本の翻訳や創作に携わっている。児童書の訳書に「ビアトリクス・ポター」(ほるぷ出版)、「ナヤ・ヌキ」(出窓社)、「ねずみの家」(徳間書店)、「ルール!」(主婦の友社)、絵本の訳書に「はるになったら」(徳間書店)などがある。


ページの先頭へ戻る