こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

おんちょろちょろ


商品名

おんちょろちょろ

出版社

福音館書店

著者

瀬田 貞二 再話 日本民話

画家

梶山 俊夫

出版年

1970

対象年齢

4歳〜

価格

900円

使いに出た男の子が道に迷い、老夫婦の家に泊めてもらいました。お寺の小僧になりすました男の子は老夫婦にもてなされますが、お経をあげてほしいと頼まれて困り、ちょうどそのとき壁のすみから出てきたねずみを見て「おんちょろちょろ、でてこられそろ」とでたらめなお経を唱えます。そうとは知らない老夫婦はありがたがって、それからそのお経を毎日熱心に唱え続けました。その「ありがたいお経」が泥棒たちを退散させるというお話

<作者紹介>
瀬田貞二(せた ていじ)
東京に生まれる。東京帝国大学文学部卒業。児童文学の評論、創作、翻訳などで活躍。評論に「絵本論」、「児童文学論(上・下)」、再話に「かさじぞう」、「ねずみじょうど」、「ふるやのもり」、「おんちょろちょろ」、「まのいいりょうし」、訳書に「おだんごぱん」、「三びきのやぎのがらがらどん」(以上、福音館書店)、「ナルニア国物語(全7巻)」(岩波書店)などがある。

<画家紹介>
梶山俊夫(かじやまとしお)
東京に生まれる。1962年、シェル美術賞受賞。1973年、1997年、世界絵本原画展(BIB)金のリンゴ賞受賞。絵本に「さんまいのおふだ」、「ごろはちだいみょうじん」、「さるとびっき」、「天のかみさま金んつねください」、「きつねとかわうそ」、「だごだごころころ」(以上、福音館書店)、「島きひきおに」(偕成社)、「岩がえりの水」(教育画劇)などがある。


ページの先頭へ戻る