絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

まのいいりょうし


商品名 まのいいりょうし
出版社 福音館書店
著者 瀬田 貞二 再話
画家 赤羽 末吉
出版年 1973
対象年齢 4歳〜
価格 972円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

教科書に掲載されているお話

猟師が息子の七つのお祝いのために、山で何かとってこようと猟に出ようとしたところ、鉄砲が落ちて曲がってしまいます。曲がった鉄砲を携え出発した先で、最初に見つけたのは鴨。そこで撃った一発が鴨に命中し、なんと13羽の鴨をつかまえます。その後も、鯉、ウサギ、キジ、キノコ、山芋、海老……と、まのいいときはこんなもの。
猟師は次々に獲物を手に入れ、どっさり抱えて家に帰りました。
運が運を呼ぶめでたい話。

<作者紹介>
瀬田貞二(せた ていじ)
東京に生まれる。東京帝国大学文学部卒業。児童文学の評論、創作、翻訳などで活躍。評論に「絵本論」、「児童文学論(上・下)」、再話に「かさじぞう」、「ねずみじょうど」、「ふるやのもり」、「おんちょろちょろ」、「まのいいりょうし」、訳書に「おだんごぱん」、「三びきのやぎのがらがらどん」(以上、福音館書店)、「ナルニア国物語(全7巻)」(岩波書店)などがある。

<画家紹介>
赤羽末吉(あかばすえきち)
1910年東京に生まれる。1959年、日本童画会展で茂田井賞受賞。1962年、「日本の神話と伝説」で小学館児童出版文化賞佳作賞。また1965年には、絵本「ももたろう」(福音館書店)、「白いりゅう黒いりゅう」(岩波書店)で、それぞれサンケイ児童出版文化賞を受賞。1975年、「スーホの白い馬」(福音館書店)で、ブルックリン美術絵本賞受賞。また、1980年度国際アンデルセン賞・画家賞を受賞。他に、「ほしになったりゅうのきば」、「かさじぞう」、「つるにょうぼう」(福音館書店)などの絵本が多数ある。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
タンタンのぼうし
著者:岩村 和朗
756
詳細はこちら
くんちゃんはおおいそがし
著者:ドロシー・マリノ
1,026
詳細はこちら
はやくねてよ
著者:あきやま ただし
1,404
詳細はこちら
モーモーまきばのおきゃくさま
著者:マリー・ホール・エッツ
1,512
詳細はこちら
おじさんのかさ
著者:佐野 洋子
1,512
詳細はこちら
もりのおふろ
著者:西村 敏雄
972
詳細はこちら
キュービックス
NAEF/ネフ(スイス)
22,680
詳細はこちら
アングーラ
NAEF/ネフ(スイス)
35,640
詳細はこちら
スカリーノ・フォレスト
スカリーノ社(スイス)
13,824
詳細はこちら
セラ 赤
NAEF/ネフ(スイス)
23,760
詳細はこちら
リグノつみ木
NAEF/ネフ(スイス)
34,560
詳細はこちら
アルビスのつみ木 小
ALBISBRUNN/アルビスブラン(スイス)
21,600


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!