こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

10ぱんだ


商品名

10ぱんだ

出版社

福音館書店

著者

岩合 日出子

画家

岩合 光昭 (写真)

対象年齢

1歳〜

価格

900円

「らくらくきのぼり1ぱんだ」、「のはらでのんびり2ぱんだ」……。簡潔でリズム感あふれる岩合日出子さんの文に導かれて、ページをめくるごとに、動物写真家の岩合光昭さんが撮ったかわいいパンダが登場します。この絵本を手にした読者は、ページいっぱいのパンダの写真に思わずさわって、1、2、3……とパンダの数を数え、時間をわすれて楽しむことでしょう。

<作者紹介>
岩合日出子(いわごうひでこ)
横浜市生れ。逗子育ち。1975(昭和50)年に動物写真家の岩合光昭と結婚する。1982年〜1984年タンザニアのセレンゲティ国立公園に滞在、1986年〜1989年にかけてはオーストラリア全土を一家で走破した。現在は山梨県小淵沢町在住。著書に「アフリカポレポレ」「海ちゃん」(新潮社)などがある。

<写真家紹介>
岩合光昭(いわごうみつあき)
1950年東京都に生まれる。日本の動物写真家。法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。同じく動物写真家であった父・岩合徳光の助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に動物写真家を志し、猫などの身近な動物から世界各地の野生動物まで様々な題材を取り上げる。1979年、アサヒグラフに連載された「海からの手紙」で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。1982年から1984年まで、アフリカ・タンザニアのセレンゲティ国立公園に滞在して撮影した写真集「おきて」が、英語版が15万部を超えるなど世界中でベストセラーとなった。日本人の作品としては初めて「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙も2度飾った。


ページの先頭へ戻る