こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

なないろ山のひみつ


商品名

なないろ山のひみつ

出版社

福音館書店

著者

征矢 かおる

画家

林 明子

出版年

2002

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,200円

ページ数 72ページ
サイズ 22×16cm

なないろ山のふもとに、さちという女の子が住んでいました。さちは、なないろ山が大好きでした。ところが、あるひ、なないろ山からあかいひかりが出ています。なにか山に異変が起きたのです。 さちは、おばあちゃんに頼まれて、山のじいさんぎつねのもとへと向かいます。さちは、なないろ山を救うことができるでしょうか?みずみずしい文章と美しいさし絵が一体となった幼年向きファンタジー

<作者紹介>
征矢かおる(そやかおる)
1965年、埼玉県に生まれる。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。文学座研究所を経て、文学座座員となる。舞台「花のかたち」、NHKドラマ「明日は風のない日」などに出演。演劇活動を続けるかたわら、童話作品を執筆。本書がはじめての本。東京都在住。

<画家紹介>
林 明子(はやしあきこ)
1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術家卒業。絵本作家として活躍中。
「きょうはなんのひ?」で、第2回絵本にっぽん賞受賞。「おふろだいすき」でサンケイ児童出版文化賞美術賞受賞。「はじめてのキャンプ」で、フランスの絵本賞 LE GRAND PRIX DES TREIZEを受賞。
絵本に「はじめてのおつかい」、「あさえとちいさいいもうと」、「おでかけのまえに」、「おいていかないで」、「はっぱのおうち」、「きょうはなんのひ?」、「もりのかくれんぼう」、「くつくつあるけのほん」(全4冊)、「びゅんびゅんごまがまわったら」、ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ」、「ぼくのぱんわたしのぱん」、「かみひこうき」などがある。

※その他の「林明子」の作品は、HOMEの「著者名で検索」に「はやしあきこ」と入力し検索するとご覧になれます。


ページの先頭へ戻る