こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

バレエをおどりたかった馬


商品名

バレエをおどりたかった馬

出版社

福音館書店

著者

H・ストルテンベルグ

画家

さとう あや

翻訳者

菱木 晃子

出版年

1999

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,200円

ページ数 124ページ
サイズ 22×16cm

田舎で何不自由なく暮らしていた馬が、ある日突然、バレエの美しさにとりつかれ、町のバレエ学校へ入学します。慣れない町の生活。厳しいレッスン。でも、とうとう、心優しい大家さんをはじめとする人々の善意に支えられ、みごと優秀な成績で卒業です。しかし……
バレエを踊りたいという、ちょっとヘンな馬をめぐって、人と動物の善意と友情を描いた、ほのぼのと、心温まる愉快なお話。1996年にノルウェーで出版された作品です。

<作者紹介>
ハーラル・ストルテンベルグ(Harald Stoltenberg)
1965年にノルウェーのオスロに生まれる。18歳よりラジオの子ども番組の制作に携わる。ジャーナリスト、シナリオライター、俳優、声優としても活躍している。本書がデビュー作。

<画家紹介>
さとうあや
1968年に千葉県に生まれる。桑沢デザイン研究所卒業後、セツ・モードセミナーに学ぶ。挿し絵の仕事に「おばけのおーちゃん」、「ネコのタクシー」、「ネコのタクシーアフリカへ行く」(以上、福音館書店)などがある。


ページの先頭へ戻る