絵本の選び方・絵本の大切さ・絵本の読み聞かせの仕方など情報満載

絵本の専門店こそだてナビゲーション
ジルケ人形 ドリオ アングーラ
リグノ シロフォン付き玉の塔 N車付きポストボックス
絵本表紙の列画像
絵本選びに困っていませんか?ここなら安心!!その理由は・・・

HOME 絵本選び
のポイント
これなら安心
おすすめ絵本
毎月お届け
ブッククラブ
おもちゃ選び
のポイント
これなら安心
木のおもちゃ
年代別
リスト
図書館
ランキング
お支払方法
送料

            

火曜日のごちそうはヒキガエル


商品名 火曜日のごちそうはヒキガエル
出版社 評論社
著者 ラッセル・E・エリクソン
画家 ローレンス・ディ・フィオリ
翻訳者 佐藤 涼子
出版年 2008
対象年齢 読んであげるなら6歳〜 自分で読むなら小学校中学年〜
価格 1,188円
会員登録されるとお得です。
会員の方はトップページからログインしてください

カゴの中身を見る

教科書に掲載されているお話

ウォートンとモートンはヒキガエルのきょうだい。ウォートンは掃除が大好き、モートンは料理が大好き。二匹は仲良く土の中の家で暮らしています。冬のある日、ウォートンはおばあさんをたずねることにします。「ようく、ようく気をつけるんだよ」モートンは心配そう。ウォートンはスキーで滑っていくと、雪の上に黒い影が!見上げるとミミズクが大きな翼を広げていました。雪の野原でミミズクにつかまったヒキガエルのウォートンは、ミミズクの誕生日のごちそうにされることに。その日は一週間後。ウォートンは逃げ出せるのか…? 

<作者紹介>
ラッセル・E・エリクソン(Russell Erickson)
1932年、アメリカのコネティカット州ハートフォードに生まれる。高校卒業後、写真工房の技師、活字工、石版画家などを経て、1974年に「火曜日のごちそうはヒキガエル」(評論社)を発表。世界中で絶賛を浴び、続編として「消えたモートンとんだ大そうさく」、「ウォートンのとんだクリスマス・イブ」(以上、評論社)などを出版。シリーズは現在、7作に及んでいる。

<画家紹介>
ローレンス・ディ・フィオリ(Lawrence Di Fiori)
1934年にアメリカのペンシルヴァニア集ピッツバーグに生まれる。フィラデルフィア美術大学を卒業後、美術教師を経てイルストレーターとして活躍。エリクソンの「ヒキガエル」シリーズの挿し絵をすべて担当したほか、絵本も数多く出版している。







関連おすすめ絵本&おもちゃ

詳細はこちら
こぐまちゃんとどうぶつえん
著者:わかやま けん
864
詳細はこちら
たろうのおでかけ
著者:村山 桂子
972
詳細はこちら
らいおんみどりの日ようび
著者:中川 李枝子
1,296
詳細はこちら
わっしょいわっしょいぶんぶんぶん
著者:かこ さとし
1,080
詳細はこちら
木の本
著者:萩原 信介
1,728
詳細はこちら
アンガスとあひる
著者:マージョリー・フラック
1,188
詳細はこちら
人形マフィン 中
GOETZ/ゴッツェ(ドイツ)
8,640
詳細はこちら
モビール ZOO 
HELLER/ヘラー(ドイツ)
4,320
詳細はこちら
馬とくるま
DUSYMA/デュシマ(ドイツ)
2,808
詳細はこちら
出産お祝い・0〜1歳向け
おもちゃBセット
12,744
詳細はこちら
ティキ
NAEF/ネフ(スイス)
3,240
詳細はこちら
ビルディングロッズ
MICKI/ミッキー(スウェーデン)
8,424


会員登録済の方は、トップページからログインしてコメントを書こう!