こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

あるきだした小さな木


商品名

あるきだした小さな木

出版社

偕成社

著者

テルマ・ボルクマン・ドラベス

画家

シルビー・セリグ

翻訳者

はなわ かんじ

出版年

1969

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,200円

全国学校図書館協議会選定
日本図書館協会選定

ページ数 68ページ
サイズ 24×20cm

小さな木は人間と一緒に暮らしたいと思い、森からぬけだして歩き始めました。さまざまな人間に出会って成長する小さな木の物語。

<作者紹介>
テルマ・ボルクマン・ドラペス
1917年にロンドンに生まれる。パリに住む。広告代理店のコピーライターをしながら、児童文学の制作をする。双子の息子たちに「ママの考えた、誰にもしたことのない話をして」とせがまれて、勤め先から帰る途中「あるきだした小さな木」そ作った。

<画家紹介>
シルビー・セリグ
フランスのニースに生まれる。幼い頃から絵で数々の賞をとった。メルボルンに住んだ15歳のときヴィクトリアン美術協会賞を受け、さらに全オーストラリア児童最優秀賞を得た現在、ジュリエットの著名で雑誌のイラストレーターとして活躍。その間、「あるきだした小さな木」の挿し絵で67年度フランス児童図書最優秀賞、68年度ボローニア児童絵画賞を受賞、


ページの先頭へ戻る