こそだてナビゲーション

絵本の選び方・読み聞かせの仕方など情報満載

ネコのタクシー


商品名

ネコのタクシー

出版社

福音館書店

著者

南部 和也

画家

さとう あや

出版年

2001

対象年齢

読んであげるなら5歳〜 自分で読むなら小学校低学年〜

価格

1,200円

教科書に掲載されているお話

ページ数 88ページ
サイズ 21×19cm

のら猫のトムはついに、飼い猫になりました。が、ある日、飼い主のランスさんが大怪我をしてしまい、トムが代わって稼ぎに出ることに。仕事は、自慢の足をつかったネコのタクシー。運賃は一ポンド。タクシーは、たちまち町の評判になりました。ケーキを運び、救急車になり、泥棒を追いかけ、トムのタクシーは大忙しです! ネコ専門の獣医さんが書いたほのぼのとしたお話です。ユーモラスな挿絵の、ネコの魅力いっぱいの幼年童話。

<作者紹介>
南部和也(なんぶかずや)
1960年に東京に生まれる。獣医師。北里大学獣医学科卒偉業。その後、米国カリフォルニア州アーバインの「THE CAT HOSPITAL」で研修。帰国後。東京で猫専門の病院「キャットホスピタル」を開業する。著書に「ひとのいいネコ」(小学館)「ネコともっと楽しく暮らす本」(三笠書房)がある。作者は、ネコだけを診察するキャットドクターです。ネコのお話を書くことでネコの魅力がもっとはっきりわかるにちがいない。そんな思いで書き上げたこの作品は作者の初めての童話。

<画家紹介>
さとうあや 
1968年に千葉県で生まれる。桑沢デザイン研究所卒業。その後、長沢節セツ・モードセミナーに学ぶ。第六回日仏会館ポスター原画コンクール佳作受賞。挿し絵の仕事は「バレエをおどりたかった馬」、「ケイゾウさんは四月がきらいです」(以上、福音館書店)の他、雑誌「母の友」(福音館書店)でも活躍する。東京在住。


ページの先頭へ戻る